京都府織布生産動態統計調査

西陣の織物

   10月は西陣全体の出荷数量が140,351平方メートル、出荷金額で1,187,993千円となりました。前年同月比(以下同じ)でみると、出荷数量が15.2%減、出荷金額では21.5%減となりました。
   品目別に出荷数量をみると、帯では、袋帯が24.3%減、なごや帯が58.5%減などとなり、全体では27.5%減となりました。
   着尺では、紋御召が13.9%減、絣・縞・無地が10.8%増、盛夏物が29.6%増などとなり、全体では9.5%増となりました。
   帯と着尺以外の出荷数量は、ネクタイ地が3.2%増、金襴が14.2%減、室内装飾用織物が7.5%増などとなり、全体では4.5%減となりました。

  西陣織物の出荷状況(エクセルファイル25KB)

丹後の織物

   10月は丹後全体の出荷数量が146,522平方メートル、出荷金額で343,948千円となりました。前年同月比(以下同じ)でみると、出荷数量が12.5%減、出荷金額で24.5%減となりました。そのうち着尺の出荷数量は10.8%減、出荷金額は25.9%減となりました。
   ちりめんの出荷数量を品目別にみると、変わり無地27.3%減、綸子が9.6%減、紋意匠が13.1%減などとなりました。
   着尺以外の品目では、クレープ類が20.0%減、全体では18.8%減となりました。

  丹後織物の出荷状況(エクセルファイル21KB)

  京都府織布生産動態統計調査過去のデータ