ホーム > 産業・しごと > まちづくり・上下水道・電気 > 都市計画とまちづくり > 「京の景観形成推進プラン」第1回検討委員会 概要と意見

ここから本文です。

「京の景観形成推進プラン」第1回検討委員会 概要と意見

第1回検討委員会 概要

1 日時

平成17年6月28日(火曜日) 午前9時30分から11時40分

2 場所

京都府庁西別館大会議室A・B

3 議事

4 第2回検討委員会について

  • 7月12日(火曜日)に開催
  • 金田参与から文化的景観について話題提供

次回までに、各委員には、「京都府らしさ」「施策打ち出し時のキーワード(京都ならでは)」について考えておいていただく。


第1回検討委員会 会議風景

第1回検討委員会 意見交換まとめ

京都府の現状、特性

特性

  • 農山漁村の集落景観が特徴
  • 町屋の坪庭や奥庭の自然の取り入れ方が特徴
  • 京都には「自然との折り合いの美学」が有る。自然という界を人間界が感じていた。
  • 京都が100万人以上の人口を抱え1200年以上生き続けている要因は自然の豊かさ。

社会的背景

  • 景観法の成立は、これまでの画一性・合理性の流れのパラダイム転換のチャンス
    (これまでは、技術革新や経済産業の発達により、伝統的なものを捨てて利便性や画一性を強調する流れ(一般的合理性))

現状

  • 府(北部)の農山村集落では過疎、高齢化により、里山等地域の文化を象徴する景観が荒廃

景観形成に当たっての課題

行政

  • 行政の施策継続性とクオリティーの確保
  • 行政、住民の人材育成

法制度

  • 景観という切り口による既存の法制度運用の再点検が必要
  • 都市計画関連の規制緩和との整合性
  • 全国一律の法制度が景観を壊してきた

住民支援

  • 府民の思いが芽生えた初期段階、及び、花が開く段階で支援する仕組み
  • 地域情報の発信
  • 価値観の共有と、行政、住民、事業者の意識向上が重要(郷土愛)
  • 「好ましい景観」を育てるためには、住民意識が最も大事

場所

  • 文化財保護法等で守られる建造物や庭園のバッファーゾーンの保全の方策

景観形成に当たっての基本理念

継承と発展

  • 景観は「創る」ものではなく、「育てる」もの。前の世代が創ってきたものに少し手を加え、後世に引き継ぐ。(建築を自然生態系、社会文化の中に位置づける視点)

周囲との調和と折り合い

  • 家並みだけではなく、山、水面等の背景も含めて総合的に空間を捉える
  • 都市は常に後背地の農村等周辺の支えの中で成立
  • 街並み景観で重要なのは他者(建築物、自然、人の生活等)との関係(ネットワーク、文脈形成)

生活(生業)との調和・交流による持続的発展

  • 景観を成り立たせる諸要素の本質を踏まえた保全
  • 観光、交流との関係が景観を守る循環を生む
  • 景観、安心安全、経済合理性のバランス

府県の役割

  • 眺望景観
  • 農地、アセスメント、公共事業

景観形成の方向性

  • 農山漁村部における四季折々の色彩(林相)に特徴が出せるのでは
  • 地域のシンボルからの景観形成の視点
  • 公共施設整備に併せた景観形成

施策展開

  • 電線地中化、無電柱化の推進
  • 行政、住民の人材育成

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

建設交通部都市計画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5329

toshi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?