ここから本文です。

京都府の献血情報

献血に御協力ください!!!

 京都府では、1日305人の献血が必要です。

 みなさんのご協力をお願いいたします!!

 献血場所について⇒ http://www.kyoto.bc.jrc.or.jp/rooms/

  

血液は、酸素を運ぶ、病原体と戦う、出血を止めるといった生命の維持に欠かせない役割を担っていますが、人工的に造ることができません。このため、病気やけがで血液を必要としている患者さんに血液を届けるためには、みなさんの献血が必要なのです。

 献血の種類

献血には、成分献血、400mL献血、200mL献血があります。400mL献血と200mL献血は、血液中の全ての成分を献血していただく方法です。
一方、成分献血は、成分採血装置を使用して血小板や血漿といった特定の成分だけを採血し、体内で回復に時間のかかる赤血球は再び体内に戻す方法です。成分献血は身体への負担も軽く、多くの血漿や血小板を献血していただける特長があります。

採血基準について

平成23年4月1日から、採血基準が改正され、17歳の男性の方の400mL献血が可能になるなど、献血が可能な方の対象が変更になりました。近年、若者世代の献血離れが深刻化しています。若い世代の方の献血へのご理解・ご協力をお願いします。

採血基準について(外部リンク)

高校生向けパンフレット等のダウンロードはこちら(外部リンク)

献血場所のご案内

献血は、主に献血ルーム、 献血バスで受け付けています。

京都府赤十字血液センターの取り組み

啓発DVDの貸出

  • 献血の啓発DVDの貸出を行っています(対象年齢:小学生~大人、時間:11分程度)
    詳しくは薬務課 企画・啓発担当に御連絡願います。(電話075-414-4787)

   →インターネットでも動画配信されています(テレビ新広島)(外部リンク) 

月間運動

愛の血液助け合い運動月間:7月

献血者が減少しがちな夏季、今年も献血推進運動の一環として「愛の血液助け合い運動」を実施します。

「はたちの献血」キャンペーン:1月~2月

新たに成人式を迎える「はたち」の若者を中心として、献血に関する理解を広め、特に成分献血、400mL献血の継続的な推進を図ることを目的に、毎年1月~2月まで「はたちの献血」キャンペーンを展開しています。

京都府献血推進計画

   京都府献血推進計画の策定及び公表について

その他の取り組み

外部リンク

お問合せ先

  薬務課 薬物対策・企画担当    075-414-4787

  京都府赤十字血液センター(外部リンク)    075-531-1823

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部薬務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4787

ファックス:075-414-4792

yakumu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?