ホーム > 地域振興 > 広域振興局 > 京都府山城広域振興局 > 水害時の食品衛生対策について(営業者向け)

ここから本文です。

山城広域振興局

水害時の食品衛生対策について(営業者向け)

 水害により、調理場に汚水が浸水すると食中毒や感染症の原因になる細菌に汚染される可能性があります。
 お客さんに安全な食品を提供するため、早急に次の事項を点検しましょう。

1 調理場内の洗浄、消毒を行ってください。

【洗浄】

  1. 浸水した水をバケツ等でくみ出す。
  2. デッキブラシ等を使用して汚泥などを水でよく洗い流す。


【殺菌】

  1. じょうろ等を使って、床面、腰張りなどに逆性石けん液 (50~100倍希釈液)を散布する。                                
  2. 水ですすぎ洗う。
  3. 水切りをしてよく乾燥させる。                         

                                                                      

  • 逆性石けん液は薬局で「オスバン液」等の商品名で販売されています。 

2 調理器具の洗浄、消毒を行ってください。

まな板、包丁等は消毒(煮沸、漂白剤)を行ってください。

3 汚水に接触したおそれのある食品は、思い切って捨てましょう。

4 冷蔵庫は動いているか確認してください。

冷蔵庫が浸水した場合、庫内は洗浄後、消毒用アルコールを 噴霧してください。
温度計で10度以下になっていることを確かめてから使用してください。  

                                                                                             

 5 井戸水のチェックをしてください。

井戸水を使用している場合、濁りの有無や、滅菌器が適切に動いているかを確認し、必要に応じて水質検査を行ってください。

お問い合わせ

山城広域振興局健康福祉部 山城北保健所

宇治市宇治若森7-6

電話番号:0774-21-2191

ファックス:0774-24-6215

yamashin-ho-kita-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?