ここから本文です。

ゲートキーパー養成研修

ゲートキーパーとは

ゲートキーパーとは、悩んでいる人に気づき、声をかけ、話を聴いて、必要な支援につなげ、見守る人のことです(特別な資格ではありません。)。

京都府では、自殺対策事業の一環として、ゲートキーパー養成に取り組み、専門職だけでなく、府民一人ひとりが「ゲートキーパー」になっていただけるよう、あらゆる機会を通じてゲートキーパーの養成を推進しています。
府内各地でゲートキーパーの養成研修として、基礎的なことが学べる「話の聴き方講座」、より専門的なことが学べる「ステップアップ研修」を開催しています。また、ゲートキーパー同士が交流できる「ゲートキーパー交流会」を開催する予定です。

ゲートキーパーの役割

  • 気づき:家族や仲間の変化に気づいて、声をかける
  • 傾聴:本人の気持ちを尊重し、耳を傾ける
  • つなぎ:早めに専門家に相談するよう促す
  • 見守り:温かく寄り添いながら、じっくりと見守る

つながって支え合おう

「あの人、最近、様子が変だな」「いつもは~な人なのに、急に・・・になってきたな」といった様子の変化や不調は、家族や友人、同僚など、普段接している人が気づきやすい大切なサインです。
もし、そういった変化に気づいたら、声をかけてみて下さい。そして心配していることを伝え、専門の相談窓口につないでいくことが大切です。

令和元年度のゲートキーパー養成研修の予定

お問い合わせ

健康福祉部地域福祉推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4615

chiikifukushi@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?