ここから本文です。

課税分科会(第1回)について

1 日時

平成18年12月22日(金曜日) 午後1時30分から4時10分まで

2 場所

京都府職員福利厚生センター(3階会議室)

3 出席者

5市町税務課長等
税務課、地方課、京都東、京都南府税事務所(計12名)

4 概要(別添資料参照)

  1. 府から、検討課題、今後のスケジュール及び今後の進め方を説明
  2. 府の共同業務案についての意見交換

今後、他市町村へも課税分野毎の共同化への意見を照会し、それを踏まえて検討を深めることとなった。

5 主な意見等

個人住民税

  • 案のDB統合のイメージが不明。市町村によって納期や税率の違いがある点をどうするか。
  • 共同化の候補としては、確定申告書の転写と給料報告書の点検がある。
  • 期限内に大量処理することから人海戦術によらざるを得ず、市町村の負担が大きい。
  • なお、点検、名寄せには住基データとのチェックが必要で、市町村によってその方法が異なる点に要注意
  • 転写について、国税に対し、以前からデータでの受け渡しを要望している。業務量が大きく減るので、府からも働きかけてほしい。

固定資産税(家屋評価)

(府の説明)
家屋評価について、府内数カ所に「評価センター」を設置することなども考えている。効率化とともに、専門性を高め、市町村間の均衡も保ちたい。

  • 評価の専門機関があれば助かる。4月までは縦覧に向けて評価にかかりっきりで、縦覧後は納税者の対応に追われている。
  • 自ら評価せずに、納税者に内容を説明をするのは困難ではないか。

(府の回答)
それは評価センターへの職員派遣の仕方を考えればどうか。

  • 小さな自治体では、少人数の職員で色々業務を持たなければならず、一応の知識はあっても専門性で苦慮する。職員育成が必要

固定資産税(償却資産)

(府の説明)
償却資産の調査について、参加いただける市町で取り組みを進めたい。

  • 国税関係資料の閲覧が法定化されたことからも、実施すべきである。ただし、建物評価との連携が必要。建物で課税している場合、結果的に還付が発生することがある。
  • 建物と設備では減価償却率が違う点に注意が必要。
  • 京都市では、各企業から関係資料を提供させており、必要があれば現地に赴くと聞いている。

法人住民税

 (府の説明)
法人市民税と法人2税(府民税、事業税)を府で一緒に受付し、データ化してから各市町村へ提供できないかと考えている。その際、特例措置による税率等の違い、市町村での必要データ等には留意する必要がある。平成20年度以降、国税局から電子データで提供を受け、自動是認することにしており、一括処理すれば、効果は大きい。

(市町からは、特に異存なし)

軽自動車税

 (府の説明)
地方税務協議会から紙で情報を送付しているが、これを電子情報で提供するなど検討したい。ただし、市町ごとにシステムが異なるため、複数のデータ処理を検討する。

  • 費用がかかっても有効である。
  • ぜひお願いしたい。

その他

  • システム込みの完全な共同化でなければ、成果が上がらないのではないか。
  • 課税分科会だけで検討しても、システム上無理となればどうしようもない。システムとの共同開催が必要と思う。
  • 基幹業務システムの基盤となるトピックスNEOについては、レスポンスが非常に悪い。
  • 確定申告転写等で多忙となる2、3月の分科会出席は、負担が大きい。

6 次回分科会

 
平成19年1月19日(金曜日)午後1時30分から (場所は別途連絡予定)


お問い合わせ

総務部税務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

電話番号:075-414-4427

ファックス:075-414-4428

zeimu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?