ここから本文です。

京都府税務共同化推進委員会(第1回)概要

1 日時

平成19年5月1日(火曜日) 午後3時30分から5時20分まで

2 場所

府庁1号館3階 秘書課会議室

3 出席者

委員等7名 事務局(総務部理事他)

4 審議概要

占部委員を座長に選出、税務共同化について意見交換

(1)税務共同化の意義
  • 市町村の住民、府民にとって、最も合理的な税業務を再構築することが重要。
  • 地方への税源委譲も踏まえ、地方税の共同化は避けて通れない流れ。
  • 税業務は市町村間でバラツキがあり、共同化による法令準拠、公平公正確保が重要。
  • 共同化の目的である公平公正、効率化、合理化等が重要。現状の制約や聖域なしのゼロベースからの議論必要。
(2)共同化のポイント
  • 課税業務にあっては、法人税所得、従業員給与、償却資産など法人に関連するデータの一括入手、相互活用がポイント。
  • 固定資産(土地・家屋)で、均衡のとれた適正な評価額の一元的な算出が課題。
  • 業務統合等により生み出される補完的・大量反復的作業については、外部委託化も含め執行方法の工夫が必要。
  • 現状の税務署や法務局等からの所得、所有権移転情報等課税に必要なデータの入手・入力方法が非効率・不合理なものもある。関係機関とも連携を図り、効率化・合理化等を推進するためには、受皿組織が必要。
  • 収納業務については、取りまとめ業務の効率化が課題。
  • 滞納整理業務にあっては、効率化・公平公正の観点から、文書催告の共同作成・共同発送、電話催告の共同センター化、滞納処分の共同チーム対応などがポイント。
(3)市町村からの意見
  • 共同化は大きな意義があるが、業務は市町村の身の丈に合わせて差異がある。効果、効率化、システム開発等が具体的に数字的に見えるようにすべき。
  • 共同化は是非とも進めてほしい。良い面を伸ばし、デメリットは直しながら、整理しながら進めるべき。厳しい財政状況の中で、都市部と地方の連携や足並みを揃えることが重要。
(4)審議の進め方
  • 地方税法、個人情報保護等の制約があるが、当委員会では、共同化を理論的に検討し、課税から徴収、不服申立てまでの一元化を検討したい。
  • 共同化の工程(20年度徴収、21年度課税)を踏まえ、本年秋口目途に全体を取りまとめる。
  • 次回(5月22日)は、課税を含めた共同化のポイントを押さえつつ、共同化に着手しやすい徴収・収納について審議を進める。

京都府税務共同化推進委員会(第1回)資料(PDF:551KB) 

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

総務部税務課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4428

zeimu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?