ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ環境・自然・動植物京と地球(あーす) > 環境アセスメント情報

「長谷山(はせやま)清掃工場更新事業に係る環境影響評価方法書」に対する知事の意見書について
 
平成13年7月13日
京都府企画環境部環境管理課
(075-414-4715)
 
 京都府環境影響評価条例第1号案件として、城南衛生管理組合から提出されておりました「長谷山清掃工場更新事業に係る環境影響評価方法書」について、京都府環境影響評価専門委員会の答申、関係市町長の意見等を踏まえて検討したところ、方法書に示された環境影響評価実施計画の内容は概ね妥当でありますが、次のとおり知事の意見をまとめ、本日付けで城南衛生管理組合あて通知しましたので、お知らせします。
 
 
1 知事意見の概要(意見書の内容は別添のとおり)
○ 施設の設計に当たっては、ごみの減量化・リサイクル等の推進により、ごみ処理量の一層の削減を図ること。
○ 環境に及ぼす影響をより適切に把握するため、大気質、水質等について、必要に応じて調査内容等の検討を行うこと。
 
2 対象事業の概要
○事業者    城南衛生管理組合 管理者 久保田 勇(八幡市八幡沢1)
○名称      長谷山清掃工場更新事業(城陽市富野長谷山1−270)
○種類・規模  一般廃棄物処理施設(焼却施設)の設置
処理能力 280t/日(140t/日×2基)
(現有施設能力 200t/日)
○着工予定  平成15年度
 
3 今後の予定
平成13年8月〜 知事の意見書を踏まえ、約1年間事業者が環境影響調査等を実施
14年9月頃 調査等の結果を踏まえ、事業者が環境影響評価準備書を作成、提出
15年3月頃 準備書に対する知事の意見
4月頃 事業者が環境影響評価書を作成、提出

長谷山清掃工場更新事業のページへ戻る

ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.