ページの先頭です。

共通メニューをスキップする

京都府トップページへ

府政情報 | 暮らし・環境 | 教育・文化 | 健康・福祉・人権 | 産業・しごと | 地域振興 | 京都の魅力・観光

ここまでが共通メニューです


サイト内の現在位置です: 京都府トップ環境・自然・動植物京と地球(あーす) > 環境アセスメント情報

「長谷山(はせやま)清掃工場更新事業に係る環境影響評価方法書について」の
京都府環境影響評価専門委員会からの答申について       
 
平成13年7月2日
京都府企画環境部環境管理課
(075-414-4715)
 
 平成13年2月21日付けで知事から諮問を行っておりました上記方法書について、本日、京都府環境影響評価専門委員会(委員長:山本剛夫京都大学名誉教授)から答申がありましたので、お知らせします。
 
 
1 答申の内容(答申書は別添のとおり)
  事業者が方法書で示した環境影響評価の実施計画に対して、次の事項について検討等を求めている。
   ・ 全般的事項:ごみの減量化・リサイクル等の推進による一層のごみ処理量の削減など4項目
   ・ 個別事項:大気質、水質等に係る調査の追加・見直し、施設設計に当たっての景観上の配慮、温室効果ガスの削減など10項目
 
2 対象事業の概要
 ○事 業 者 城南衛生管理組合 管理者 久保田 勇(八幡市八幡沢1)
 ○名    称 長谷山清掃工場更新事業(城陽市富野長谷山1−270)
 ○種類・規模 一般廃棄物処理施設(焼却施設)の設置
        処理能力 280t/日(140t/日×2基:11.7トン/時間)
           (現有施設能力 200t/日)
 ○着工予定 平成15年度
 
3 専門委員会における検討経緯






 
平成13年2月21日

 
第1回京都府環境影響評価専門委員会
 知事から「長谷山清掃工場更新事業に係る環境影響評 価方法書について」諮問
     3月29日 第2回京都府環境影響評価専門委員会(現地調査)
     5月25日 第3回京都府環境影響評価専門委員会
     6月12日 第4回京都府環境影響評価専門委員会
   7月2日 知事あて答申
 
4 今後の予定
 ○ 府は、専門委員会の答申内容等を踏まえ、事業者に対して知事の意見を述べる(7月中旬予定)
 ○ 事業者は知事の意見を踏まえ、約1年間環境影響調査等を実施した上で、環境影響評価準備書を作成し、府に提出する。
 

長谷山清掃工場更新事業のページに戻る

ページの先頭に戻る

お問合せ先一覧 | サイトマップ | ご利用案内 | 個人情報の取扱い | 著作権・リンク等 | このサイトの考え方

Copyright (C) Kyoto Prefecture. All Rights Reserved.