中丹広域振興局

ここから本文です。

クマとの遭遇を避ける行動

1 集落内にクマのエサとなるものを無くしましょう!

  クマを寄せつけないことが大切です。クマは、エサのある時期と場所を学習してしまいます。
   1)樹木等の新芽(タケノコ)や木の実(果実)などが大好物
     不要な果樹は伐採しましょう。
     必要な果樹は幹をトタンで巻くなどエサとしない措置を施し、果実はできるだけ早く収穫しましょう。
     不要な竹林は、12月から翌年2月までの冬の間に1mの高さで伐採し、放置竹林を減らしましょう。

     クマがエサを学習し出没する時期
       4月 タケノコ(モウソウ)、5月 サクランボ、6月 クワの実、ヤマモモ、7月 タケノコ(マダケ)、タブの実、
               8月 モモ、青いカキ、9月 トチの実、クリ、10月~ カキ、ドングリ、11月 ~干し柿

    2)野菜くずやペット(いぬ、ねこ等)のエサなどの残渣を畑や庭に放置しない。

    3)養蜂巣箱は、電気柵で囲い適切に防除を行いましょう。

    4)草刈機などに使われるガソリンなどの揮発性物質も、クマ類の誘引物となります。
     保管場所などに注意しましょう。

 2 不意の遭遇を避けましょう!

   1)朝・夕の薄暗い時間帯は、クマの活動が活発な時間帯で特に注意が必要です。
     その時間帯は出没しそうな場所(集落の外れの墓、山中の神社など)に近づかないようにしましょう。

   2)やむを得ずクマの出没しそうな場所に行く時は、極力複数で行動しましょう。
     クマ鈴やラジオなど音の出るものを携帯し、クマに自分の存在を知らせましょう。

   3)クマが集落に出没した時は、家の中に避難し鍵をかけて静かにして、クマが離れるのを待ちましょう。

 3 万一、クマに出遭った時は、落ち着いて行動しましょう!

   1)刺激しないようにクマに背を向けずに向き合ったまま、ゆっくり、静かに後退。
     背中を見せて走って逃げると、クマが追ってきて襲われます。 

   2)エサ(柿など)を食べているクマに近づかない。満腹になるまで離れません。
     威嚇したり爆竹などで追い払ったりして、クマを興奮させると危険です。 

   3)子グマには決して関わらない。近くにいる母グマが子グマの安全を確保した後に襲ってきます。
     また、2年目の子グマは独立訓練中で執拗に襲ってきます。

    4)大きなクマ(雄グマ)に接近し過ぎて、万が一襲われかけた時は、うつ伏せになり手で首を守る
      防御姿勢でクマの攻撃が過ぎ去るのを待つことも有効です。

お問い合わせ

中丹広域振興局農林商工部 農商工連携・推進課

舞鶴市字浜2020番地

ファックス:0773-62-2859

c-n-noushoko@pref.kyoto.lg.jp