トップページ > インフラ > まちづくり・上下水道・電気 > 下水道・農業集落排水・浄化槽 > 「京都府水環境構想2022~持続可能な汚水処理に向けて~」を策定しました

ここから本文です。

「京都府水環境構想2022~持続可能な汚水処理に向けて~」を策定しました

「京都府水環境構想2022~持続可能な汚水処理に向けて~」について

京都府では、下水道、集落排水、浄化槽等の汚水処理事業について、効率的で適正な整備や運営管理ができるよう、市町村が中長期的に取り組む行動計画「京都府水洗化総合計画」を平成3年度にはじめて策定し、その後、概ね5年から7年ごとに見直してきました。
今回の見直しでは、汚水処理施設の整備促進に加え、一部を「広域化・共同化計画」として位置づけるなど、人口減少等の課題に対応した持続可能な汚水処理事業の運営体制に向けた計画とし、名称を「京都府水環境構想2022~持続可能な汚水処理に向けて~」と改めました。

「京都府水環境構想2022~持続可能な汚水処理に向けて~」

 1 / 3(PDF:7,937KB) 2 / 3(PDF:5,191KB) 3 / 3(PDF:6,452KB)

1.期間

令和5年度から令和24年度までの20年間

2.主な内容

新計画は、以下の3つの柱として策定しています。

(1)汚水処理事業の持続・成長(持続可能な事業運営)
 
広域化・共同化や脱炭素化等を推進することにより、持続可能な事業運営体制を構築する。

 「広域化・共同化計画」概要版はコチラ(PDF:709KB)

(2)快適な生活環境と水環境の向上(未普及解消、公共用水域の水質保全)
 汚水処理施設を令和8年度に概成できるよう整備を加速化させるとともに、適正に水質管理
 を行い、接続率を向上させることで水環境を保全する。

(3)安心・安全の確保(災害対策)
 気候変動を踏まえた浸水対策や地震対策等をハード・ソフト両面から推進し、安心・安全な
 まちづくりを目指す。

参考

有識者会議開催結果

  • 第1回

令和4年7月11日(月曜日)

  • 第2回

令和4年9月1日(木曜日)

  • 第3回

令和4年10月28日(金曜日)

  • 第4回

令和5年2月1日(水曜日)

京都府民意見提出手続結果

お問い合わせ

建設交通部水環境対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5470

mizukantai@pref.kyoto.lg.jp