トップページ > 産業・雇用 > 農林水産業担い手育成・就業支援 > 「農村型小規模多機能自治」の推進(旧 共に育(はぐく)む「命の里」)

ここから本文です。

「農村型小規模多機能自治」の推進(旧 共に育(はぐく)む「命の里」)

府民の食料、水、空気を支える農山漁村を守るために

京都府では、農山漁村全体を守る地域活動を強化する取り組みを進めています。

<参考>京の村づくりのあゆみ(平成26年9月)(PDF:3,079KB)

農村型小規模多機能自治推進事業(平成30年度~)

1 趣旨

 農山漁村の過疎高齢化が進む中、地域活動を強化するため、外部人材の活用を含めた地域の基盤づくりや、地域資源を活用した「なりわい」づくりから企業と提携したビジネスへの発展まで一体的に支援し、トータルマネジメントを行う農山漁村コミュニティを形成する。

2 事業概要

(1) 農山漁村コミュニティ維持強化事業 

地域内外の人材の巻き込み、コミュニティの組織化等活動の基盤づくりを支援

(2) 農山漁村ビジネス強化事業

地域資源を活用した「なりわい」づくりから企業参画のビジネス、コミュニティ組織の法人化を支援

(3) 農山漁村コミュニティ伴走支援事業

里の公共員の配置等により、組織づくりからビジネス展開まで地域活動を伴走支援

農村型小規模多機能自治推進事業概要(PDF:144KB)
「里の公共員」の配置について(平成26年度~)

人口減少に対応できる農村コミュニティづくり(むらの減築)の取組(令和3年度~)

1 趣旨

 人口減少が進み小規模化する農村集落では、従来どおりの地域共同活動を継続して生活環境を維持することが困難となっていく恐れがあることから、住民生活への影響を極力抑えつつ、既存の地域共同活動を棚卸し・再編・合理化して「人口減少に対応できる農村コミュニティづくり」のモデルを構築する。

2 「むらの減築」ワークショップ運営マニュアル(案)

 集落の人口が今後も減少していくことを受け止め、集落の運営体制を見直していくための住民合意を形成するための手法を、「むらの減築」ワークショップ運営マニュアル(案)として公開しています。

「むらの減築」ワークショップ運営マニュアル案 令和4年6月 ver.1.2(PDF:2,258KB)

 

お問い合わせ

農林水産部農村振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5039

noson@pref.kyoto.lg.jp