トップページ > 暮らし・環境・人権 > クリーン・リサイクル運動について

ここから本文です。

クリーン・リサイクル運動について

京都府では、ごみの減量・リサイクルやまちの美化等を推進するため、クリーン・リサイクル運動を実施しています。府民や事業者の皆さんも、積極的な取組を進めていただきますようお願いします。

令和2年度クリーン・リサイクル運動推進要項

例えば、次の例を参考に考えてみてください。優先順位は、まず、リデュース(発生抑制)、次に、リユース(再使用)、最後に、リサイクル(再生利用)です。

1.リデュース(発生抑制)

  • 必要性をよく考えた上で、環境に配慮された製品を購入する
  • 使い捨て製品ではなく、長く愛用できるものを購入する
  • すぐに捨ててしまう景品やチラシはもらわない
  • レジかごバッグや買い物用バッグを持参し、レジ袋はもらわない
  • パックやトレイ入りでない商品や量り売りを利用する

 

2.リユース(再使用)

  • マイカップ、マイ水筒を使う
  • シャンプーや洗剤は詰替商品を利用する
  • 電気製品や家具等は修理して長く使う
  • フリーマーケットやリサイクルショップを活用する
  • 一時的に必要なものは、レンタルなどを利用する

3.リサイクル(再生利用)

  • びん、缶、ペットボトルなど再資源化できるごみは分別する
  • 古新聞、古雑誌などは、自治会や子供会などの古紙回収に出す
  • 家電製品やパソコンなどは、適正にリサイクルする

(分別の方法などは自治体によって異なりますので、お住まいの市町村が定めている方法に従ってください)

4.まちの美化

  • ポイ捨てをしない
  • 自治会などの一斉清掃活動に参加する
  • 不法投棄などを発見したときは、行政や警察に通報する

5.事業所では

  • 環境に配慮された商品や長く使える商品の製造や販売
  • 環境に配慮された物品やサービスの購入促進
  • 廃棄物の減量を促進するための計画づくりや責任者の設置
  • 過剰包装の自粛、レジ袋の要不要の声かけ確認
  • 文書の電子化、コピー枚数の削減
  • 再資源化できる廃棄物はリサイクルへ

6.グリーン購入について

京都府では、京都グリーン購入ネットワークと連携して、グリーン購入の推進に取り組んでいます。詳しくは京都グリーン購入ネットワーク(外部リンク)をご覧ください。

7.取組状況

令和元年度取組実績(その1)

令和元年度取組実績(その2)

 

お問い合わせ

府民環境部循環型社会推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4710

junkan@pref.kyoto.lg.jp