トップページ > 阪急×阪神×東急によるラッピング列車「SDGsトレイン2020」への京都府のSDGsポスターの掲出について

ここから本文です。

阪急×阪神×東急によるラッピング列車「SDGsトレイン2020」への京都府のSDGsポスターの掲出について

報道発表日:令和3年5月31日

総合政策課

京都府では、府政運営の指針である京都府総合計画(京都夢実現プラン)において、2040年に実現したい将来像とSDGs(※)の関連を示すとともに、京都ならではのポテンシャルやSDGsの理念を生かしながら、各種の取組を進めているところです。

この度、阪急阪神ホールディングス株式会社と東急株式会社(東急グループ)が主催し、SDGsの認知度向上を図るとともに、SDGsの達成に向けた取組を広く社会に普及させ、持続可能な未来を創造するきっかけづくりとして実施している「SDGsトレイン2020」に、京都府の取組を紹介したポスターを掲出します。

京都府では、「子育て環境日本一」に向けた府内商店街やコンビニエンスストアと連携したお子様連れ優先休憩スペースの提供、2050年度の温室効果ガス輩出量実質ゼロを目指した省エネ対策など、SDGsに関連する取組を推進しています。

ご乗車の際には、ぜひご覧下さい。

※SDGsとは:2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」に記載された2030年までの国際目標。持続可能な世界を実現するための17のゴール・169のターゲットから構成されています。

1掲出期間

令和3年6月上旬~同年9月上旬(予定)

2デザイン

京都府のSDGsに関連する取組について、持続可能な世界を実現するための17のゴールと合わせて紹介

ポスターデザイン(PDF:7,009KB)

3掲出車両

阪急阪神ホールディングスSDGsトレイン『未来のゆめ・まち号』

  • 阪急電鉄:神戸線・宝塚線・京都線及び相互直通区間で運行(阪急3編成×8両(うち4両に掲出))
  • 阪神電車:本線、阪神なんば線及び相互直通区間で運行(阪神1編成×6両(うち3両に掲出))

4『SDGsトレイン2020』の概要

(1)運行期間
令和2年9月8日火曜日~令和3年9月上旬(予定)

(2)運行区間
<阪急阪神ホールディングス>SDGsトレイン『未来のゆめ・まち号』

  • 阪急電鉄:阪急電鉄神戸線・宝塚線・京都線及び相互直通区間で運行
  • 阪神電車:阪神電車本線・阪神なんば線及び相互直通区間で運行

<東急グループ>SDGsトレイン『美しい時代へ号』

  • 東急電車:東横線・田園都市線・世田谷線及び相互直通区間で運行

 

SDGsトレインの詳細については、阪急阪神ホールディングス株式会社と東急グループのホームページをご覧ください。

<阪急阪神ホールディングス株式会社>
https://www.hankyu-hanshin.co.jp/yume-machi/sdgstrain/top.html

<東急株式会社(東急グループ)>
https://tokyugroup.jp/sdgs/

お問い合わせ

政策企画部総合政策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4389

sogoseisaku@pref.kyoto.lg.jp