トップページ > インフラ > 公共事業・一般 > 京都府の建築と指導 > 二級・木造建築士・建築士事務所の処分について

ここから本文です。

二級・木造建築士・建築士事務所の処分について

京都府では、建築士法及び下記処分基準に基づき、過去5年以内に行った京都府知事登録の二級・木造建築士及び建築士事務所に対する処分情報を次のとおり、公開しています。
なお、一級建築士の処分情報は、国土交通省ネガティブ情報等検索サイト(外部リンク)で公開されています。

処分基準について

建築士の処分について

処分年月日 建築士の氏名

二級建築士及び木造建築士の別

登録番号 処分の内容 処分の原因となった事実 備考
令和2年1月29日 長野 富仁雄 二級建築士 第4778号

戒告

建築士法第22条の2第2号に規定する二級建築士定期講習を期限内に受講しなかった。このことは、建築士法第10条第1項第1号に該当する。  
令和2年1月29日 沖 大介 二級建築士 第7524号

戒告

建築士法第22条の2第2号に規定する二級建築士定期講習を期限内に受講しなかった。このことは、建築士法第10条第1項第1号に該当する。  
令和2年1月29日 檜田 治久 二級建築士 第9524号

戒告

建築士法第22条の2第2号に規定する二級建築士定期講習を期限内に受講しなかった。このことは、建築士法第10条第1項第1号に該当する。  
令和2年1月29日 藤原 信治 二級建築士 第10498号

戒告

建築士法第22条の2第2号に規定する二級建築士定期講習を期限内に受講しなかった。このことは、建築士法第10条第1項第1号に該当する。  
令和2年1月29日 福本 則之 二級建築士 第14233号

戒告

建築士法第22条の2第2号に規定する二級建築士定期講習を期限内に受講しなかった。このことは、建築士法第10条第1項第1号に該当する。  
平成30年10月9日 世良 正之 二級建築士 第6436号

戒告

建築士法第22条の2第2号に規定する二級建築士定期講習を期限内に受講しなかった。このことは、建築士法第10条第1項第1号に該当する。  
平成29年8月18日 坪田 浩一 二級建築士 第16613号

平成29年9月1日から3月間の業務停止

福井県内の建築物(1物件)、について、永和住宅一級建築士事務所(福井県知事登録第い―621号)の業務に関し、建築に関する手続の代理者として、平成28年8月22日付け一般財団法人福井県建築住宅センター名の虚偽の確認済証を作成して、その写しを工事施工者及び金融機関に渡した。さらに、同物件について、建築に関する手続の代理者及び工事監理者として、確認済証の交付を受けずに工事が行われることを容認した。このことは、建築士法第10条第1項第2号に該当する。  

 

建築士事務所の処分について

 

 

<注意事項>
本掲載情報の正確性については、万全を期しておりますが、利用者が本掲載情報を用いて行う一切の行為について、京都府は何ら責任を負いません。

お問い合わせ

建設交通部建築指導課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-451-1991

kenchiku@pref.kyoto.lg.jp