トップページ > 子宮頸がん予防ワクチンについて

ここから本文です。

子宮頸がん予防ワクチンについて

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)とは

子宮頸がんの予防として、HPVワクチンを接種することにより、子宮頸がんの発生に関わるヒトパピローマウイルス(HPV)の感染を予防することが挙げられます。

なお、子宮頸がん検診を定期的に受けることで、がんになる過程の異常やごく早期のがんを発見し、医師と相談しながら、経過観察や負担が少ない治療につなげることができます。

京都府がん情報ネット

子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)の接種について

HPVワクチンの接種については、積極的な接種勧奨は差し控えられていましたが、令和3年11月26日に、積極的な接種勧奨の差し控えは解除されました。

HPVワクチンの接種に関しては、各市町村が実施しています。実施方法や、接種の詳細などについては、お住まいの市町村の予防接種担当課にお問い合わせください。

HPVワクチンについて、詳しくは、厚生労働省のホームページをご覧ください。

ヒトパピローマウイルス(HPV)感染症とHPVワクチンについて(厚生労働省)(外部リンク)

HPVワクチンに関するQ&A(厚生労働省)(外部リンク)

予防接種に関する相談先

京都府予防接種相談センター

TEL:075-811-9150

9時~17時、毎週月曜・木曜・金曜(休館日、祝日は除く)

京都府民等を対象に実施している予防接種の電話相談センターです。以下のような内容についてお答えしております。

  • 予防接種に関する疑問・質問
  • 予防接種の受け方やスケジュールについて
  • 予防接種が受けられる医療機関情報について
  • 海外渡航時の予防接種について

お問い合わせ

健康福祉部健康対策課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-431-3970

kentai@pref.kyoto.lg.jp