ここから本文です。

ホソバミズゴケ

基礎データ

※項目の解説

学名 Sphagnum girgensohnii Russow 

大分類 コケ植物

小分類 蘚類

科名 ミズゴケ科

ホソバミズゴケ

レッドデータブックカテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅危惧種

環境省カテゴリー なし

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)

詳細

※項目の解説

  • 選定理由

ミズゴケ類は全て環境省カテゴリーにおいて、絶滅危惧I類に分類され、府内ではこれまでただ2ヶ所だけから知られている。芦生由良川本流の産地では、旺盛な生育を確認している。

  • 形態

近畿地方に産するミズゴケ類の中では、ホソベリミズゴケとともに、湿原以外の場所に生えるミズゴケである。茎葉は舌状で先端がささくれる。枝葉はやや切形で、上端が強く反り返るのがよい特徴である。
◎近似種との区別
腐植土上に生育するミズゴケ類としては、他にオオミズゴケ、ホソベリミズゴケがあるが、オオミズゴケには茎細胞表面に螺旋状の肥厚があり、ホソベリミズゴケでは茎葉は二等辺三角形、先端は狭い切頭で鋸歯がある。

  • 分布

北海道から九州:北半球。
◎府内の分布区域
美山町洞谷音谷の滝、美山町芦生演習林由良川本流沿い。
◎近似種との比較
オオミズゴケは府内にごく普通に分布する。

  • 生態的特性

亜高山帯から山地帯にかけての森林の林床、林縁の腐植土上に生育。

  • 生息地の現状

美山町では確認出来ていない。詳細な調査で産地の現状を把握する必要がある。

  • 生存に対する脅威

生育地の破壊。園芸用途等の採取活動。

 


執筆者:秋山 弘之

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?