ここから本文です。

ヒヌマイトトンボ

基礎データ

※項目の解説

学名 Mortonagrion hirosei Asahina, 1972

分類群 昆虫類

目名 トンボ目

科名 イトトンボ科 

ヒヌマイトトンボ

レッドデータブックカテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅寸前種

環境省カテゴリー 絶滅危惧I類(CR+EN) 

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します) 

詳細

※項目の解説

  • 選定理由

京都府では1ヶ所しか産地が知られていないため。

  • 形態

腹長22~25mm、後翅長13~16mmの小型種。オスは黄緑色に黒い条紋があり、眼後紋が4個あって、翅胸前面にも4個の黄緑色紋が並んでいる。メスは明るい橙色で頭頂に五角形の黒斑がある。成熟すると地色は褐色に変化する。
◎近似種との区別
オスは翅胸前面に4個の黄緑色紋が長方形に並ぶ。メスは頭頂に五角形の黒斑がある。 

  • 分布

本州、対馬。
◎府内の分布区域
北部地域。久美浜湾の一部のみで生息が確認されている。

  • 生態的特性

海岸沿いの、ヨシなどの抽水植物が繁茂する汽水域のヘドロが堆積した湿地や、河口付近のヨシ原などが主な生息地。汽水域でしか発見されていない特異なトンボである。5月下旬~9月下旬に発生する。産卵はメスが単独で行い、水面にあるヨシの枯れ茎などの植物組織内に産卵する。
◎近似種との比較
モートンイトトンボは府内全域に局地的に分布していると思われるが、汽水域には生息できないので混生しない。

  • 生息地の現状

生息地では比較的安定して発生しているが、非常に狭い範囲であるため、生息地の保全が必要である。
生存に対する脅威 開発や道路の拡張工事などで生息地が失われる危険がある。また、水質が変化すると生息ができなくなる。

  • 必要な保全対策

生息地とその周辺の抽水植物群落の保全を行うとともに、生息地の水質を維持していかなければ、近い将来絶滅する可能性がある。

 

 執筆者:藤井 恒

 

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?