ここから本文です。

ヒメクロウミツバメ

基礎データ

※項目の解説

学名 Oceanodroma monorhis

分類群 鳥類

目名 ミズナギドリ目

科名 ウミツバメ科

ヒメウミクロウミツバメ

カテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅危惧種

環境省カテゴリー 絶滅危惧II類(VU)

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)

詳細

※項目の解説

  • 選定理由

夏鳥として府内に生息して繁殖する。繁殖個体数は極めて少ないが、近年減少はしていない。

  • 形態

全長19cm。翼開長45cm。全身くすんだ黒褐色で白色部はなく、翼の上面には淡色帯がある。翼はやや短く、尾の切れ込みは浅い。

  • 分布

夏鳥として日本近海に渡来し全国の離島で繁殖し、非繁殖期は東南アジアの海域やインド洋で越冬する。舞鶴市沓島で集団営巣している。台風の時などに府内内陸部に落下することがある。
◎府内の分布区域
北部地域の海域。 

  • 生態的特性

海面を比較的高く飛ぶ。海の表面に浮上した甲殻類や小さな魚を嘴でつまみ上げて食べる。地面に約0.5mの巣穴を堀ったり岩の隙間を巣場所とする。6月に1卵産卵し、雌雄で40~50日間抱卵し、8月にふ化する。雛は60~70日で巣立つ。夜になると営巣地へ戻ってきて雛へ給餌する。

  • 生息地の現状

沓島の急な斜面で集団営巣している。夜間100羽以上の帰島が確認されている(八木昭氏私信)。繁殖地が府内に1ヶ所しかなく、斜面の自然崩落による営巣環境の悪化が心配される。営巣地への立ち入り規制や重油運搬タンカー事故の予防や発生時の対応が必要である。
  

 

執筆者:須川 恒・和田 岳

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?