ここから本文です。

コアジサシ

基礎データ

※項目の解説

学名 Sterna albifrons 

分類群 鳥類

目名 チドリ目

科名 カモメ科

コアジサシ

カテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅危惧種 

環境省カテゴリー 絶滅危惧II類(VU) 

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)

詳細

※項目の解説 

  • 選定理由

夏鳥として府内に生息して繁殖する。繁殖個体数は極めて少ないが、近年減少はしていない。

  • 形態

全長28cm。小形のアジサシ。夏羽では額が白く、頭上から後頭にかけて黒い。冬羽では額と頭頂が白く、後頭は黒い。

  • 分布

 ユーラシア大陸から北アメリカ大陸の中緯度地帯で繁殖し、オーストラリア、アフリカ大陸、南アメリカ大陸で越冬する。国内では夏鳥として本州以南に渡来し繁殖する。府内へも夏鳥として渡来する。府北部地域からの記録は少ない。
◎府内の分布区域
北部地域、南部地域。
生態的特性 海岸、河川、湖沼に生息。上空から水中に飛び込んで小魚を採食する。5月頃に地面に浅いくぼみをつくり、一腹2~3卵を産み、雌雄が交代で抱卵する。

  • 生息地の現状

府内では4月下旬頃、主に淀川水系の河川に姿を見せ、河川敷や造成地の砂礫地で営巣するが、繁殖個体数は極めて少なく不安定である。川から離れたため池でも、小魚を採食するのが時々観察される。営巣地となる造成地や河川敷での人による影響が大きく、毎年の営巣地を把握できるシステムを構築し、営巣地に人が立ち入らないような管理が必要である。特に河川敷へのオフロード車の乗り入れを厳重に規制する必要がある。

  • 関係法令

絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律(国際希少野生動植物種) 

 

 
執筆者:須川 恒・和田 岳

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?