ここから本文です。

カタハガイ

基礎データ 

※項目の解説

学名Obovalis omiensis

分類群淡水産貝類

目名イシガイ目

科名イシガイ科

カタハガイ

レッドデータブックカテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅危惧種

環境省カテゴリー 絶滅危惧II類(VU)

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)

詳細

※項目の解説

  • 選定理由

府内の生息地が限られ、個体数も少ない。
形態 殻は長卵形で平たく、後背縁に分枝状の放射肋がある。弱い擬主歯と弱い後側歯があり、殻長は最大で8cmに達する。幼生は非常に小さく、殻長0.06mmである。

  • 分布

西日本に分布し、府内では巨椋池、嵐山、八木町で記録がある。府内の由良川水系では採集記録はないが、この水系の竹田川(兵庫県)には記録があり、生息している可能性が高い。
◎府内の分布区域
淀川水系、(由良川水系)。

  • 生態的特性

小川や用水路の砂礫底に生息する。幼生は3~4月に放出され、オイカワやヨシノボリの鰓に寄生する。他のイシガイ類と異なり、幼生は寄生中に約3倍の大きさに成長する。

  • 生息地の現状

巨椋池は干拓で消滅し、嵐山の用水路も改修工事のために個体数は激減した。八木町の用水路でも現存個体数は少ない。

  • 生存に対する脅威

河川改修による生息場所の破壊や水質汚濁による環境の悪化。

  • 必要な保全対策

用水路の改修の際には貝類の調査を行い、本種などの生息を確認する必要がある。改修に当たっては土砂を入れた保護区域を設定し、改修後に貝類が生息できる環境を創設する必要がある。

  • その他

日本固有種

 

 

執筆者:近藤 高貴

 

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?