ホーム > 暮らし・環境 > 環境・自然・動植物 > 希少種対策 > ベニバナヤマシャクヤク

ここから本文です。

ベニバナヤマシャクヤク

基礎データ

※項目の解説

学名 Paeonia obovata Maxim

分類群 種子植物

科名 ボタン科

レッドデータブックカテゴリー

京都府カテゴリー 絶滅寸前種

環境省カテゴリー 絶滅危惧II類(VU)

近畿レッドデータブックカテゴリー 絶滅危惧種A 

(各カテゴリーをクリックすると解説を表示します)

詳細

※項目の解説

  • 選定理由

生育地並びに個体数が極めて少ない。

  • 形態

茎は高さ30~40cm。葉は2回3出複葉。

◎近似種との区別
ヤマシャクヤクに比し花は淡紅色

◎参照 原色日本植物図鑑草本II:217頁,日本の野生植物II:111頁

  • 分布

本州、四国、九州、朝鮮半島、中国大陸(東北部)
◎府内の分布区域
中部地域。

  • 生存に関する脅威

園芸用の採取

  • 必要な保全対策

自然度の高い落葉樹林の伐採禁止


執筆者:西沢 信一

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?