トップページ > インフラ > まちづくり・上下水道・電気 > 京都府の公営企業 > 府営水道宇治浄水場の異臭味について

ここから本文です。

府営水道宇治浄水場の異臭味について

令和4年1月21日 更新

 宇治浄水場の水源の河川水において、かび臭原因生物(植物プランクトン等)が発生している状況にあります。
 宇治浄水場では、かび臭対策として平成9年度から高度浄水処理施設(オゾン処理+粒状活性炭処理)を導入していますが、冬季の低水温期には効果が低くなっています。

 1月初旬から、府営水道の水道水でかび臭が一時強くなりましたが、高度浄水処理(オゾン注入率)の強化や粉末活性炭の注入などの対策を講じております。
 現在は改善しているものの、低水温期は完全に除去することができないため、敏感な方は臭いを感じることがありますが、飲用いただいても全く問題ありません。

 今後も水源からのかび臭原因物質等の流入が継続することが見込まれますので、引き続きかび臭原因物質の低減に取り組んでいきます。

※かび臭原因物質:2-MIB
 ・水にかびや墨汁のような臭いをつけることがあります。
 ・健康に影響を及ぼすおそれはありません。
 ・かび臭等を感じられた場合は、5~6分の煮沸で臭いを取ることが可能ですの
 でお試しください。

 

お問い合わせ先

京都府営水道事務所(電話:0774-24-1522)

お問い合わせ

府民環境部公営企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5470

koei@pref.kyoto.lg.jp