トップページ > 府政情報 > 府政運営・行財政改革 > 組織案内 > 組織で探す(部局別) > 健康福祉部 こども・青少年総合対策室 > 安心・安全な妊婦出産確保に向けた取組(妊婦へのPCR検査費用助成、寄り添い支援、医療体制の整備)

ここから本文です。

安心・安全な妊婦出産確保に向けた取組(妊婦へのPCR検査費用助成、寄り添い支援、医療体制の整備)

新型コロナウイルス感染症の流行が続く中で、妊産婦の方々はご自身やお子さんの健康面等で強い不安を抱えて生活されていることと思います。

京都府では、妊産婦の方々の不安を軽減し、安心・安全に出産を迎えていただくため、出産前のPCR検査費用の助成や、新型コロナウイルスに感染された妊産婦への寄り添い支援、感染された妊産婦へ向けた医療体制の整備等に取り組んでいます。

 

※このページでは、下記の項目について記載しています。

 

1.妊婦の方への新型コロナウイルスPCR検査費用の助成

府民の皆様へ

1.対象者

京都府(京都市を除く。)にお住まいで、分娩前に新型コロナウイルスPCR検査等を希望される妊婦の方

  • 京都市在住の方は、本事業に相当する事業を京都市が実施します。(京都市HP(外部リンク)
  • 分娩時点での新生児等への感染を防ぐため等の目的で実施しますので、PCR検査等のタイミング等は、かかりつけの医療機関(産科、産婦人科等)で御確認願います。
<注意点>この助成制度は、妊婦1人あたり「1回の妊娠につき1回限り」の助成です。
  • 「複数の医療機関等で検査を受け、助成を受けた方」「他の自治体から既に助成を受けた方(例:「里帰り」の妊婦で、住民票のある都道府県又は市からの助成を受けた方等)」は、助成の対象外となり、申請されても補助金が交付されません。
  • 他府県から京都府(京都市を除く。)に「里帰り」された方は、申請前に、住民票のある都道府県(又は政令指定都市、中核市、保健所設置市)から助成が受けられるかどうか、御確認願います。

2.内容

  • 「PCR検査等に要した費用」を、最大2万円まで助成します。
  • 実際にPCR検査等を受けられた日付は「令和2年4月10日(金曜日)以降」であることが必要です。

3.申請の手続き等

  • 検査の申込みや具体的な手続きについては、かかりつけの産婦人科又は助産所に御相談ください。
  • 交付まで1箇月から1箇月半ほどかかりますので御了承願います。
(1)妊婦の方が検査費用を支払われた場合

妊婦の方が検査費用を支払われた場合は、検査の後、直接、京都府あてに申請書等を御提出願います。

<必要書類>

(注1)領収書は原則として返却しません。領収書等お返却が必要となる方は、領収書等の返却を希望する旨の書面を同封してください。受付印を押印のうえ、決定の通知と併せて返送します。

(注2)領収書に「PCR検査」等、検査内容がわかる記載がない場合、又は、「検査年月日」の記載がない場合は、母子手帳の写し(表紙、分娩予定日(P4)、検査の記録(P10))など検査内容等が確認できるものを添付ください。

(注3)ご提出いただいた領収書から検査内容や金額等が不明である場合には、京都府から領収書を発行した医療機関等へ確認させていただくことがあります。

  • 本人の住所が確認できるもの(運転免許証の写し、健康保険証(住所の記載があるもの。)の写し等)
  • 金融機関振込先(口座番号等)を確認できる書類(通帳の写し等)
  • 別紙委任状(ご家族等、申請者以外の方の金融機関口座への振り込みを希望される場合)
    様式:別紙委任状(PDF:20KB)ひな形
(2)医療機関が費用負担の立て替えをする場合(妊婦の方は検査費用を支払わない場合)

妊婦の方からは、医療機関に「京都府あての費用請求について、請求権・受領権を、費用を立て替えた医療機関に委任する」旨の書類を御提出願います。

①かかりつけの産婦人科医師又は助産所助産師に受検希望をお伝えください。

②かかりつけの産婦人科医師又は助産師と受検時期等を調整し、予約。

③申請書・本人の住所が確認できるもの(運転免許証の写し、健康保険証(住所の記載があるもの。)の写し等)を医療機関へ提出。

④予約した日時に来院し、受検。

(注)PCR検査等は事前予約制で実施しています。予約日時に都合が悪くなった場合は、必ず事前にお申込みされた医療機関へ連絡をお願いします。

<必要書類>

医療機関の方へ

<注意点>この助成制度は、妊婦1人あたり「1回の妊娠につき1回限り」の助成です。

  • 「他の医療機関等で、既に検査を受けた方」「他の自治体から既に助成を受けた方(例:「里帰り」の妊婦で、住民票のある都道府県又は市からの助成を受けた方)」は、助成の対象外となり、申請されても補助金が交付されません。
  • 「里帰り」の方については、まず、住民票のある都道府県(又は政令指定都市、中核市、保健所設置市)から助成が受けられるかどうかについて、御確認願います。

1.申請の手続きについて

妊婦の方のPCR検査等について、妊婦の方には費用負担を求めず、費用を立て替えられた場合には、下記の必要書類を揃えて、京都府に請求願います。

<必要書類>

(注1)1ヶ月ごとにまとめて「検査を行った翌月の10日まで」に提出願います。

(注2)令和2年7月17日から、厚生労働省が無症状者の唾液を用いたPCR検査等の活用を可能としたことを受け、妊婦の方のPCR検査等につきましても、唾液を用いた「PCR検査(LAMP法を含む)」「抗原検査(定量)」が対象となっております。(簡易キットによる抗原検査は、引き続き対象外です。)
(厚生労働省)無症状者の唾液を用いたPCR検査等について(外部リンク)

(注3)本検査につきましては、平成3年6月19日付け健政発第362号「消費税法の改正について」のうち、3(イ)の「妊娠していることが判明したとき以降の検診、入院」に該当することから、消費税は非課税となります。

2.妊婦の方へのPCR検査等の説明について(お願い)

妊婦の方がPCR検査等を受けられるにあたり、厚生労働省から、「妊婦の方へ適切な検査前説明を行う」よう、指示がありました。

検査前説明にあたり、妊婦の方への「検査説明書(妊婦にお渡しいただく書類)」及び「検査申込書(検査を実施された機関で保存いただく書類)」の様式が下記のとおり示されておりますので、御活用ください。

…妊婦の方に、検査の内容を知っていただく説明書です。

…妊婦の方が、検査前説明を受けた上で検査を申し込む書類です。

申請書の提出先(郵送で御提出願います。)

京都府健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)
住所:〒602-8570京都府京都市上京区下立売通新町西入薮之内町
電話:075-414-4727・4302
FAX:075-414-4586
Mail:kodomo@pref.kyoto.lg.jp

京都府安心・安全な妊婦出産確保事業補助金交付要領

京都府安心・安全な妊婦出産確保事業補助金交付要領(PDF:60KB)

京都府安心・安全な妊婦出産確保事業補助金運用基準(PDF:46KB)様式(PDF:143KB)

 

2.新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方へ向けた医療体制の整備

京都府では、保健所からの情報により、妊婦が新型コロナウイルスに感染したことが確認された場合には、京都府入院医療コントロールセンターが総合周産期母子医療センターの搬送コーディネーターと協議し、周産期母子医療センターネットワークを活用して受入先を調整しています。また、周産期用として別に受入病床を確保しています。

周産期フロー

 

3.新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方への寄り添い支援

新型コロナウイルスの感染が確認された場合でも、妊産婦の方の胎児・新生児の健康面や出産後の育児についての不安を軽減できるよう、感染判明時から退院支援、そして地域での生活まで、継続的に寄り添い、支援します。

1.対象者

京都府(京都市を除く。)にお住まいの、新型コロナウイルスの感染が確認された妊産婦の方で、健康面や出産後の育児等に不安を感じ、支援を希望する方

  • 京都市在住の方は、本事業に相当する事業を京都市が実施しますので、京都市へお問い合わせください。

2.支援の内容

助産師や保健師等が、訪問や電話等の方法で妊産婦の方の不安や悩みを伺い、健康管理や育児に関する助言を行う等、妊産婦の方へ継続的に寄り添い、支援します。

  • 妊娠や育児への不安解消に向けた相談支援、情報提供
  • 育児の知識や技術を習得するための支援

こんなときにはご相談ください

  • 「新型コロナウイルスに感染し、帝王切開で出産。母子分離となった期間があり、授乳の仕方が不安・・・。」
  • 「新型コロナウイルスに感染し、母親教室や育児教室に参加できず、育児について不安・・・。」
  • 「新型コロナウイルスに感染し、里帰りができず、身近に相談する人がいなくて不安・・・。」

上記にあてはまらない内容でも、心配なことがあれば気軽にご相談ください。

3.費用

無料

4.申込み方法

かかりつけ産科医療機関または分娩予定施設の医師にご相談いただくか、お住まいの地域を管轄する府保健所までご連絡ください。

市町村や医療機関等の関係機関と調整・連携を行い、適切な支援内容等を検討し、実施します。

 

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

※新型コロナウイルスに感染した妊産婦の方へ向けた医療体制の整備に関するお問い合わせ先
健康福祉部医療課(医療人材確保係)
京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町
電話番号:075-414-4716
ファックス:075-414-4752
iryo@pref.kyoto.lg.jp