トップページ > 子育て・健康・福祉 > 子育て・青少年 > 子育てQ&A > アトピー性皮膚炎の治療・スキンケアについて [子育てQ&A]

ここから本文です。

アトピー性皮膚炎の治療・スキンケアについて [子育てQ&A]

アトピー性皮膚炎の子どもの皮膚は、バリア機能が弱く、外からの刺激を受けやすくなっており、その刺激によって、皮膚に炎症が起こり、かゆみが出てきます。したがって、アトピー性皮膚炎の治療としては、

  1. 外からの刺激を取り除きバリア機能を補強する(スキンケア)
  2. 皮膚の炎症を抑える(塗り薬)
  3. かゆみを抑える(のみ薬)

といったことが必要になります。

(1)スキンケアは、まず皮膚の汚れや汗をきれいに落とすということが大切です。石けんやシャンプーを使う方が良いですが、必ず残らないようにきれいに洗い流しましょう。強くこすってはいけません。熱いお湯はかゆみが強くなるので避けましょう。
 おふろからあがったら、水分をふいたあと、すばやく保湿剤を塗ります。つめはこまめに切り、かどがないようにしましょう。食後は口の周りを洗うか、ぬれたガーゼでふき取るようにしましょう。ちくちくする繊維はかゆくなりやすいので避け、通気性の良いものを選びましょう。また、洗剤や柔軟剤は刺激になることがあるので、よくすすぐようにします。室内を清潔にし、ダニやかびが増えないようにしましょう。

(2)炎症を抑える塗り薬は、ステロイド剤が最もよく使われます。ステロイドには、強いものから弱いものまでランクがあり、子どもの年齢や部位により、使い分けられます。少なすぎても炎症を抑えることはできませんし、塗りすぎると皮膚に負担がかかることがあります。塗り方、回数など、決められたとおりしっかり塗ることが大切です。

(3)アトピー性皮膚炎では、眠くなったときや布団に入ってからだが暖まると、かゆみが強くなることが多いです。かゆみ止めの作用にある抗アレルギー剤や抗ヒスタミン剤を飲むと、かゆみがおさまり、眠りやすくなることがあります。

アトピー性皮膚炎はかゆみが強いため、「かいたらだめ。」と言っても我慢できるものではありませんし、「だめ。」といわれると悲しいものです。かいているときは優しくさすってあげてください。そして、かきむしるような状態を早く治すために、治療をしっかりすることが重要です。

アトピー性皮膚炎は、完全にすっきり治ってしまうということは少ないですが、赤ちゃんのときのアトピー性皮膚炎は成長とともに軽快してくることが多いものです。かかりつけの医師に相談しながら、気長に治療しましょう。

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4792

kodomo@pref.kyoto.lg.jp