ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 子育てQ&A > げっぷが出ない [子育てQ&A]

ここから本文です。

げっぷが出ない [子育てQ&A]

授乳中の赤ちゃんは空気を飲み込んでしまうので、げっぷを出してあげましょう。赤ちゃんには個人差がありますので、げっぷをしないでも吐かない赤ちゃんもいれば、げっぷをしても吐きやすい赤ちゃんもいます。

また、いくら背中をトントンたたいてもげっぷをしてくれないこともあります。しばらくしてもげっぷが出ないような場合、赤ちゃんの機嫌が良ければ無理にさせる必要はないでしょう。

また、寝てしまったようなときも、起こしてまでする必要はありません。げっぷのさせ方には決まった方法はありませんので、お母さんや赤ちゃんにあった、楽な方法を見つけてみてください。

吐いた後にミルクを欲しそうにするなら、しばらく経って落ち着いてから、少しずつ飲ませてあげてもいいでしょう。

噴水のように大量にピューッと吐いたり、体重が減ったり、増えなかったりする場合、吐いたものの中に血液や緑色をした胆汁が混じっているような場合は、小児科医の診察を受けてください。その際、吐いたものや吐いた時間・回数を記録したものがあると、とても参考になります。

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?