ここから本文です。

下痢をした [子育てQ&A]

下痢をしているとき大切なことは、いつから、一日何回くらい下痢をしているか、どんな下痢か(水様、軟便など形態、色、においなど便の状態)、下痢以外の症状があるか(おう吐、腹痛、発熱など)、水分はとれているか、などです。

水のような下痢を何度もし、水分がとれず、元気がなくなってくると、脱水を起こしている可能性があります。医療機関を受診してください。

下痢のときは水分摂取が大切です。子ども用のスポーツドリンク(薬局で売っています)が良いですが、番茶や白湯(さゆ)でも十分です。水分だけでなく塩分や糖分も同時にとることを心がけましょう。食事がとれるようなら消化の良いもの(かゆやうどん、パンなど)を与えてください。

下痢がひどくなると、特におむつをしている赤ちゃんは、おしりがひどく荒れることがあります。この場合清潔にすることが一番です。おしりをお湯で洗い乾いた後でおむつをあてましょう。清潔にせず、薬を塗るだけではなかなかよくなりません。

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4792

kodomo@pref.kyoto.lg.jp