トップページ > 子育て・健康・福祉 > 子育て・青少年 > 子育てQ&A > 乳幼児期の健康診査 [子育てQ&A]

ここから本文です。

乳幼児期の健康診査 [子育てQ&A]

市町村で行う乳幼児健診は、お子さんが健康に発育・発達しているかを年齢の節目節目に調べ、病気だけでなく発育・発達上の問題などをできるだけ早く発見し、治療や育児上のアドバイスをしたり、必要な機関に紹介したりするものです。

実施時期は市町村によって若干異なりますが、一般的には4か月、8~10か月、1歳6か月、3歳に行います。医師だけでなく、保健師、栄養士もおりますので、育児上のいろんな疑問や何となく心配していること、また栄養相談にも対応できるようになっています。

1歳6か月・3歳児健診では歯科健診もあります。3歳児健診では、尿検査、視力や聴力の検査も行いますので、あらかじめ自宅で練習をお願いする項目があります。

日時や場所等についてあらかじめ通知がありますが、市町村の広報紙にも載りますので必ず受けましょう。

また、健診会場で会った母親同士のおしゃべり(情報交換?)も意外と役立つことがあるものです。

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(母子保健係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4792

kodomo@pref.kyoto.lg.jp