ここから本文です。

第6回Woodyコンテストの審査結果について

この度は、第6回Woodyコンテストに多数の御応募をいただき、ありがとうございました。
応募総数は、木造住宅部門(一般の部)14点、木造住宅部門(学生の部)38点、木製家具部門49点の計101点でした。
府内産材の特性を活かした素晴らしい作品の数々から、以下のとおり19点の入賞作品を決定しました。
なお、木製家具部門の最優秀賞の作品については製作し、無印良品 京都山科に設置する予定です。

木造住宅部門(一般の部)

最優秀賞

「ログ・バベルピラミッド」(PDF:1,165KB)
 野村 昌史(一級建築士事務所 合同会社野村昌史建築研究所)

 

 

優秀賞

「grid&roof」(PDF:5,725KB)
 粟屋 大紀(粟屋大紀建築設計事務所)
 

 

佳作

「落葉日時計の家」(PDF:3,594KB)
 本田 耕(一級建築士事務所 HAFEN(ハーフェン))
 

「繋がりと切り替えの家」(PDF:5,943KB)
 橋本 翔太郎(フリーランス)
 

「丸太の帳(とばり)の家」(PDF:614KB)
 安井 裕基(フリーランス)
 

 

 

木造住宅部門(学生の部)

最優秀賞

「つなぐつながる家と庭」(PDF:4,910KB)
 佐古 統哉(東京理科大学 工学部 建築学科)江口 太郎(同左)
 

 

優秀賞

絡翠荘(らくすいそう)」(PDF:6,203KB)
 片岡 晃太朗(岡山理科大学 工学部 建築学科)、小比賀 颯太(同左)
 

「路地化する住まい~2本の路地が家族・自然・人を繋げる~(PDF:3,059KB)
 田中 大智(国立豊橋技術科学大学 建築・都市システム学課程)
 

 

佳作

 きぎ もと どま まわ
「樹木の下、土間の周り」(PDF:5,625KB)
 清水 大輔(三重大学大学院 工学研究科博士前期課程 建築学専攻)

「土間ニケーション~家族と訪問者と自然との豊かなコミュニケー
 ションを育む家~
(PDF:1,183KB)
 斎藤 準一(京都建築大学校 建築専攻科)
 蘆田 陽平(同上)、高田 康大(同上)

 

「医療的ケア児と暮らす家」(PDF:1,200KB)
 吉田 隼人(京都府立京都高等技術専門校 住建築・リフォーム科)

 

「回って楽しむ住まい」(PDF:5,635KB)
 菊地 悠(工学院大学大学院 工学研究科 建築学専攻)
 

木製家具部門

最優秀賞

「KITAYAMA」(PDF:1,124KB)
 榎本 文夫(エノモトフミオアトリエ)

 

 

優秀賞

「おしゃべりな椅子」(PDF:2,439KB)
 中山 正昭(FORME)
 

 

佳作

「Tsui」(PDF:1,452KB)
 原田 一穂(フリーランス)
 

「上下のないイス」(PDF:332KB)
 大山 優(東京理科大学大学院 理工学研究科 建築学専攻)
 

「年輪の椅子」(PDF:601KB)
 亀田 昌哉(株式会社 宏昇製作所)
 

「smilingchair」(PDF:586KB)
 田中 真友美(兵庫県立兵庫工業高等学校 デザイン科)
 
「TriStool(トリスツール)」(PDF:251KB)
 南川 茂樹(岡山県立大学デザイン学部)
 
 

お問い合わせ

農林水産部森の保全推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5007

morinohozen@pref.kyoto.lg.jp