ここから本文です。

環境保全型農業直接支払交付金

京都府では、国の制度に基づき、地球温暖化の防止や生物多様性の保全に繋がる「環境にやさしい農業」の実践を支援します。

予算の範囲内での交付となります。申請額が予算を上回った場合、交付金が減額されることがあります。

対象取組、支援要件、交付単価及び対象品目

化学肥料・化学合成農薬の使⽤を京都府の慣⾏レベルから原則5割以上低減する取組と合わせて⾏う以下の対象取組に対して⽀援を⾏います。

対象取組 主な支援要件 交付単価(/10a) 対象品目
堆肥の施用 主作物の栽培期間の前後のいずれかに施用1) 4,400円 水稲等
カバークロップ 標準播種量以上の種子を播種し、全作物体を土壌に還元 6,000円 水稲等
リビングマルチ 主作物の畝間に緑肥を作付 5,400円 小麦、大麦、イタリアンライグラス以外
リビングマルチ 主作物の畝間に緑肥を作付 3,200円 小麦、大麦、イタリアンライグラス
草生栽培 園地に緑肥を作付 5,000円 果樹・茶
不耕起播種

圃場の全面耕起を行わずに播種

3,000円 麦・大豆
長期中干し 10a当たり1本以上の溝切りを実施した上で、14日以上の中干しを実施 800円 水稲
秋耕 秋季に耕耘を行い、翌春に湛水する取組 800円 水稲
有機農業 化学肥料・化学農薬を使用しない
炭素貯留効果の高い取組2)を実施
14,000円

そば、あわ、ひえ、きび、飼料作物以外

有機農業 化学肥料・化学合成農薬を使用しない 12,000円 そば、あわ、ひえ、きび、飼料作物以外
有機農業 化学肥料・化学合成農薬を使用しない 3,000円 そば、あわ、ひえ、きび、飼料作物
冬期湛水 有機質肥料施用、畦補強等実施 8,000円 水稲、大豆、小豆
冬期湛水 有機質肥料施用、畦補強等未実施 7,000円 水稲、大豆、小豆
冬期湛水 有機質肥料未施用、畦補強等実施 5,000円 水稲、大豆、小豆
冬期湛水 有機質肥料未施用、畦補強等未実施 4,000円 水稲、大豆、小豆
炭の投入 木炭、竹炭、籾殻くん炭等、植物を炭化して製造した灰を圃場に投入 5,000円 全作物

1)C/N比10以上の堆肥(鶏ふん等を主原料とするものを除く)であって、腐熟したものを使用すること

2)炭素貯留効果の高い取組では、有機農業の取組に加え、堆肥の施用、カバークロップ、リビングマルチ又は草生栽培のいずれかに取り組む必要があります。

制度の詳細や申請手続きなどは、取組の手引き(下記リンク)をご覧ください。

本事業の申請受付事務等の負担を追うことが難しい市町村もありますので、あらかじめ農地の所在する市町村に、本事業の申請が可能かお尋ねください。

留意事項

支援対象者と要件について

対象者(申請主体)

  • 農業者の組織する団体
  • 一定の条件を満たす農業者(市町村が特に認める場合)

申請要件

  • 販売することを目的に生産を行っていること
  • 国際水準GAPに取り組むこと(※)(GAP認証の取得を求めるものではありません。)
  • 自然環境の保全に資する農業の生産方式を導入した農業生産活動の実施を推進するための活動(推進活動)を1つ以上取り組むことが必要

関連リンク

中間年評価及び最終年評価について

環境保全型農業直接支払交付金実施要領第15に基づき、平成29年度に中間年評価を、平成30年度に最終評価を実施しました。

中間年評価報告書(PDF:778KB)

最終評価報告書(PDF:259KB)

お問い合わせ

農林水産部農産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4974

nosan@pref.kyoto.lg.jp