ホーム > 産業・しごと > 農林水産業・農山漁村 > 京都府の農業生産について > 「京のプレミアム米」コンテストについて > 第4回「京のプレミアム米コンテスト」(令和2年度)の開催結果

ここから本文です。

第4回「京のプレミアム米コンテスト」(令和2年度)の開催結果

京都府では、農業者のおいしいお米づくりに対する意欲の醸成と生産技術の一層の向上を図るとともに、京都府産米のおいしさを広くPRし、“京のプレミアム米”としてのブランド力向上を推進するため、第4回「京のプレミアム米コンテスト」を実施しました。

最終審査結果~「京のプレミアム米」8点を決定~

令和2年12月1日(火曜日)に最終審査を実施し、京都府内のおいしいお米づくりに取り組む134農業者から応募された154点から、特に優れた8点を「京のプレミアム米」として選定し、各賞を決定しました。併せて、同日、受賞式を行いました。

jyushou2020

賞名 出品番号 出品者名 市町村 品種名
最高金賞 19 伊達農園 伊達 正将 与謝野町 キヌヒカリ
金賞 1 木村 貞志 京都市 コシヒカリ
金賞 53 仲上 泰夫 京都市 ヒノヒカリ
金賞 103 中丹米振興協議会 内田 修 綾部市 コシヒカリ
入賞 6 北川 五男 宇治市 ヒノヒカリ
入賞 25 横谷 一夫 京都市 コシヒカリ
入賞 79 松本 隆 綾部市 コシヒカリ
入賞 83 南條 康廣 南丹市 コシヒカリ

 

最終審査を行いました

食味測定器による測定と府民委員による食べ比べを経て選定された上位8点のお米を、お米の食味の専門家、京都の食文化や料理の専門家で構成する委員が食べ比べ、評価が高いものから賞を決定しました。

日程:令和2年12月1日(火曜日)

会場:京都府庁職員福利厚生センター3階第4・5会議室

saishu2020_1

saishu2020_2

saishu2020_3

最終審査 委員(50音順、敬称略)

上田 那未(玄米屋ウエトミ)

杉本 節子(料理研究家、公益財団法人 奈良屋記念杉本家保存会常務理事兼事務局長)

園部 晋吾(京都料理芽生会 会長、株式会社 平八茶屋 代表取締役)

田中 良典(京都料理芽生会 理事、京料理とりよね 代表取締役)

仲田  雅博(学校法人 大和学園 学園理事、京都調理師専門学校 校長)

西村 達也(中央米穀株式会社 代表取締役社長)

橋本 隆志(株式会社 八代目儀兵衛 代表取締役社長CEO)

森田 啓世(株式会社ジェイアール西日本ホテル開発ホテルグランヴィア京都 調理部長・総料理長)

応募点数

154点(134農業者)

品種別内訳:コシヒカリ105点、キヌヒカリ23点、ヒノヒカリ26点

これまでの審査の概要について

予備審査

分析機器(穀粒判別器)による測定結果から、玄米整粒率70%以上の米を食味審査進出としました。

注※水稲うるち玄米の1等級の最低限度

食味審査

1次審査(食味測定器):分析機器(食味測定器)による測定結果から、上位45点の米を2次審査進出としました。

2次審査(味度計):分析機器(味度計)による測定結果から、上位30点の米を3次審査進出としました。

3次審査(府民審査):公募により選ばれた15名の府民委員の皆様に、2次審査(味度計)を通過した30点のごはんを少量ずつ試食し、評価いただいた食味審査結果から、上位8点の米を最終審査進出としました。

3次審査(府民審査)の概要について

  • 日時:令和2年11月20日(金曜日)

注※(1)10時00分~11時30分、(2)13時00分~14時30分、(3)15時00分~16時30分の3組に分けて審査を行いました。

1名の委員につき、いずれか1つの時間帯に参加いただき、10種類のお米を食べ比べていただきました。

  • 場所:京都府庁職員福利厚生センター3階 第4・5会議室

【審査の様子】

fumin1 出品者や品種名を伏せて食べ比べをしていただきました。

 fumin2 味だけでなく、香りも審査しました。

 fumin3 審査終了後、感想などをお話しいただきました。

開催概要

応募要件

  • おいしいお米づくりに取り組む府内の農業者及び組織とする。JA、地域のライスセンター単位での出品も可とするが、生産者が特定できること。
  • 令和2年産のコシヒカリ、キヌヒカリ、ヒノヒカリのいずれか単一品種とし、ブレンドしたものは不可とする。出品は、1品種1点以内、1農業者(組織)につき2点以内とする。
  • 最終審査に進出した場合に、京の米のPRのために本コンテストに係る取材に対応できること。

応募方法(募集は終了しました。)

出品の申し込み

募集は終了しました。

応募期間

令和2年8月1日(土曜日)~8月31日(月曜日)

提出物の受付期間

令和2年10月1日(木曜日)~令和2年11月6日(金曜日)必着

提出物

  • 審査に供する玄米2kg
  • 出品用紙(兼栽培履歴書)

提出物の送付先

京都府丹後農業研究所(住所:〒627-0142 京丹後市弥栄町黒部488、電話番号:0772-65-2401)

審査方法

下記のとおり意見聴取要領に基づいた審査を実施します。

予備審査

令和2年11月に分析機器(穀粒判別器)による測定を行い、玄米整粒率70%以上の米を食味審査進出とします。

注※水稲うるち玄米の1等級の最低限度

食味審査

  • 1次審査(食味測定器):令和2年11月に分析機器(食味測定器)による測定を行い、上位の米を2次審査進出とします。
  • 2次審査(味度計):令和2年11月に分析機器(味度計)による測定を行い、上位の米を3次審査進出とします。
  • 3次審査(府民審査):別に公募する府民委員による食味審査を行い、上位の米を最終審査進出とします。

最終審査

令和2年12月1日(火曜日)に、お米の食味、京都の食文化や料理に関する専門家等で構成する委員による食味官能審査を実施し、委員の採点結果を受けて、京都府が賞を決定します。なお、委員会は、出品者及び一般に公開しません。

賞の贈呈

最高金賞 1点、金賞 3点、入賞 若干数(賞状及び副賞(受賞盾))

審査結果

  • 食味審査のうち3次審査(府民審査)の通過者については、本人へ電話で連絡するほか、京都府ホームページで公表します。
  • 最終審査の結果は、審査翌日までに京都府ホームページで公表します。
  • コンテスト終了後に、予備審査を通過した出品者の審査結果等を記載した記録集を作成し、全出品者に配布します。ただし、2次審査(味度計)を通過した出品者については氏名、住所地(市町村名まで)を公表します。それ以外の予備審査を通過した出品者については、出品番号を公表します。

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

農林水産部農産課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4974

nosan@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?