ここから本文です。

京都フードテック研究連絡会議

趣旨

京都府では令和5年度から、京都の食文化や高い栽培技術と最先端技術を融合し、農林水産業を含む食関連産業の課題解決を目指した京都ならではのフードテックの取組である「京都フードテック基本構想」に取組んでいます。

この基本構想を実現するための方策の一つとして、京都府農林水産技術革新創出会議(KAFF-techフォーラム)の新たなフェーズである、異分野連携プラットフォーム「京都フードテック研究連絡会議」を設立しました。

要領(PDF:335KB)

京都フードテック研究連絡会議交流会のお知らせ

京都フードテック研究連絡会議の交流会を開催いたします。

1.日時

令和6年3月5日(火曜日)13時30分~15時30分

2.場所

京都リサーチパーク(4号館)バズホール

3.​​​​​​内容

(1)講演「京都府農林水産技術センターのこれからの研究 ~京都ならではのフードテック~ 」

 京都府農林水産技術センター 農林センター所長 蘆田 哲也

(2)意見交換・交流会

 少人数のグループ毎に気楽な意見交換

4.参集範囲

京都フードテック研究連絡会議メンバー

研究連絡会議への入会を検討中もしくは希望する研究者 等

5.参加方法

無料・事前申込み制 

申込期限:令和6年2月20日(火曜日)

申し込みは終了いたしました。

多数のお申し込みありがとうございました。

京都フードテック研究連絡会議・学研フードテック共創プラットフォーム 合同情報交換会 ~加工・新商品開発編~ 開催のお知らせ

1.目 的

 加工・新商品開発をテーマに、異業種の研究者や商品開発担当者が交流し、議論を深めることにより、それぞれの強みを発揮した共同研究のきっかけとし、具体的な課題の解決や新たな取組に繋げます。

 今回は「茶」に注目し、機能性新商品や新たな利用加工法、副産物の利用等について、検討します。茶業関係者はもちろん、食品加工や機能性食品業界など、幅広い分野からのご参加をお待ちしております。

2.日 時

令和6年3月18日(月曜日) 13時30分~16時

3.場 所

京都府農林水産技術センター 農林センター茶業研究所(宇治市)

4.テーマ

茶の加工・新商品開発

(例)・機能性研究、機能性食品開発

      ・新たな利用方法(飲用方法・食品利用等)の開発

      ・副産物(茎など)を利用した商品開発 ほか

5.内 容

(1)京都府茶業研究所の研究紹介(課題と求める対応策)

(2)先進的な事業・商品開発事例紹介

 ・「新規食品素材開発によるホールフードデザイン」

 京都グレインシステム株式会社 ほか

(3)各参加団体の取組概要、今後必要な研究シーズ・ニーズ等紹介

(4)情報・意見交換

(5)施設見学(希望者のみ)

6.参集範囲

京都フードテック研究連絡会議会員及び加入を検討中の方

学研フードテック共創プラットフォーム会員及び加入を検討中の方 等

7.参加について

以下のURL又は、QRコードからお申込みください。

https://forms.office.com/r/q9SpGpFywF(外部リンク)

Webでのお申し込みが難しい場合は問合せ先までご連絡ください。

申込期限:令和6年3月6日(水曜日)

〈問合せ先〉流通・ブランド戦略課

電話 075-414-4969  メール ryutsu-brand@pref.kyoto.lg.jp

今まで開催したイベントについて

キックオフイベントの開催報告(令和5年8月22日)(PDF:233KB)

お問い合わせ

農林水産部農林水産技術センター

亀岡市余部町和久成9

ファックス:0771-24-4661

ngc-kikaku@pref.kyoto.lg.jp