ここから本文です。

スマート農業技術の開発・実証プロジェクト

sumatoPJ3.jpg

           プロジェクト活動の様子

スマート農業技術・実証プロジェクトについて

農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト」(事業主体:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)の支援により実施しました。

課題番号:中F05 課題名:中山間地域水稲栽培におけるスマート農業技術・機械の一環体系の導入による作業支援と省力・増収・高品質化の実証 (令和元年度、2年度実施)

課題番号:茶2F01 課題名:中山間傾斜地における高品質てん茶省力生産体系の実証 (令和2年度、3年度実施)

 

取り組みの紹介

これまで取り組んできた活動を紹介します。

「中山間傾斜地における高品質てん茶省力生産体系の実証」の検証結果

農林水産省スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(令和2年度~3年度)を活用し、傾斜地での茶栽培管理の省力化、高品質に向けたスマート農業の技術や機械の効果を検証し、成果のとりまとめを行いました。

紹介パンフレット(PDF:7,994KB)

紹介チラシ(PDF:4,229KB)

京都てん茶省力生産体系実証コンソーシアムについて

南山城村において、行政・生産者・企業・農業団体がコンソーシアムを立ち上げ、中山間地の傾斜地茶園でのスマート農業技術(ICTや生産管理システムなど)や機械を導入し、「傾斜地での栽培管理の省力化、高品質化」の実証に取り組みました。※

注※本実証課題は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:茶2F01 課題名:中山間傾斜地における高品質てん茶省力生産体系の実証」(事業主体:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)の支援により実施しました。

「中山間地域水稲栽培におけるスマート農業技術・機械の一環体系の導入による作業支援と省力・増収・高品質化の実証」の検証結果

農林水産省スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(令和元年度~2年度)を活用し、水稲栽培の一貫体系においてスマート農業の技術や機械の効果を検証し、成果の取りまとめを行いました。

パンフレット「中山間地域水稲栽培におけるスマート農業技術・機械の一貫体系の導入による作業支援と省力・増収・高品質化の実証」(PDF:1,555KB)

下記は実証成果を取りまとめした動画となります。

中山間地域水稲栽培におけるスマート農業技術・機械の一貫体系の導入による作業支援と省力・増収・高品質化の実証~全編~

過去のスマート農業機械現地実演会の開催概要

第二回結果概要(PDF:231KB)

第一回結果概要(PDF:450KB)

京都亀岡中山間水稲生産支援スマート農業実証コンソーシアムについて

亀岡市保津町において、行政・生産者・企業・農業団体がコンソーシアムを立ち上げ、中山間地域の水稲栽培において、耕うんから収穫まで一貫体制でスマート農業技術・機械を導入し、「ほ場管理の省力化」、「栽培管理の精度向上による増収・高品質化」の実証に取り組みました。※

注※本実証課題は、農林水産省「スマート農業技術の開発・実証プロジェクト(課題番号:中F05、課題名:中山間地域水稲栽培におけるスマート農業技術・機械の一貫体系の導入による作業支援と省力・増収・高品質化の実証)」(事業主体:国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構)の支援により実施しました。

お問い合わせ

農林水産部農林水産技術センター

亀岡市余部町和久成9

ファックス:0771-24-4661

ngc-kikaku@pref.kyoto.lg.jp