ホーム > 産業・しごと > 商工業 > 京都府織物・機械金属振興センター > 丹後織物産地関連工程等事業者の実態に関するアンケート調査結果について

ここから本文です。

丹後織物産地関連工程等事業者の実態に関するアンケート調査結果について

現在、丹後産地は従事者の高齢化、整備の老朽化等さまざまな課題を抱えています。

そこで今回、丹後産地の生産基盤の維持に向けた施策を検討するために、関連事業者のみなさまにご協力いただき、織物関連事業者の実態調査を実施いたしました。

実施結果は下記のとおりです。

丹後織物産地関連工程等事業者の実態に関するアンケート調査結果(PDF:757KB)

 

アンケート調査方法及び調査内容

(1)調査対象と調査方法

  1. 調査時期 令和2年5月
  2. 調査対象 丹後織物産地の織物関連事業者 132件
  3. 調査方法 郵送によるアンケート調査(不明点については聞き取り)
  4. 回答数 78件(回収率 59%)

(2)調査内容

  1. 事業主の情報
  2. 従業員の情報
  3. 経営状況
  4. 受注先、資材調達の状況
  5. 今後の事業予定
  6. 行政等への要望

 

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

商工労働観光部産業労働総務課 織物・機械金属振興センター

京丹後市峰山町荒山225

ファックス:0772-62-5240

oriki-kikakurenkei@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?