ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立京都学・歴彩館 Kyoto Institute, Library and Archives > イベント情報 > 開館記念展示関連シンポジウム「京都の歴史を彩るー幕末から明治へー」

ここから本文です。

開館記念展示関連シンポジウム「京都の歴史を彩るー幕末から明治へー」

京都学・歴彩館では、グランドオープン記念事業として、開館記念展示関連シンポジウムを下記のとおり開催します。
開館記念展示「京都の歴史を彩る」(~7月9日(日曜日))においては、当館所蔵の明治以降の資料を中心に、封建的な近世から様々な産業や文化が解放された近代に移行した時代を「歴史を彩る」というキーワードで表現しています。今回のシンポジウムでは、近世から近代にかけて変化していくさまざまな社会の様子をそれぞれの立場でお話いただきます。

1.京都の歴史を彩る―幕末から明治へー

日時:平成29年6月11日(日曜日)13時から16時<開場12時>

会場:京都府立京都学・歴彩館 大ホール(市営地下鉄烏丸線北山駅より南へ徒歩約4分)

定員:400名(参加無料 事前申込制 多数抽選)

申込期間:5月15日(月曜日)~5月31日(水曜日) <終了しました。多数のご応募ありがとうございました。>

申込方法:はがき・電話・FAX・メールにて(いずれも当日必着) 1件につき1名まで。(ご同伴者も別でお申込みください。)

※必須:氏名(フリガナ)、住所、連絡先電話番号 ・任意:年齢( 歳代)、メールアドレス

※参加証ハガキを発送します。当日会場へハガキを持参の上お越しください。 

※多数の応募により、抽選を行うことになりました。 厳正な抽選の結果は、はがきにて発送いたします。

申込受付:京都府府民総合案内・相談センター 電話075-411-5000 Fax:075-411-5001 E-mail:411-5000@pref.kyoto.lg.jp

内容についてのお問い合わせ:京都学・歴彩館 電話075-723-4835

主催:京都府立京都学・歴彩館、京都府立大学

2.登壇者プロフィール

◇ 磯田 道史 氏 (国際日本文化研究センター 准教授) 基調講演、パネリスト

岡山市生まれ。慶應義塾大学文学部史学科、同大学院博士課程修了。博士(史学)。茨城大学人文学部准教授、静岡文化芸術大学文化政策学部教授を経て現職。書著『武士の家計簿』(新潮新書)で新潮ドキュメント賞。『天災から日本史を読みなおす』(中公新書)で日本エッセイストクラブ賞。NHKBSプレミアム「英雄たちの選択」(木曜8時)ではキャスターをつとめる。近著『無私の日本人』(文春文庫)が2016年5月に「殿、利息でござる」(松竹配給)で映画化。

◇ 和崎 光太郎 氏(京都市学校歴史博物館学芸員) パネリスト

島根県益田市生まれ。京都大学博士(人間・環境学)。2011年より現職。企画展を年2・3回のペースで担当するほか、まち歩きガイド、新聞連載、年10回ほどの講演等をもこなす。京都教育大学・滋賀大学で非常勤講師を兼務。書著に『明治の〈青年〉』、『学びやタイムスリップ』(共著)など。

◇ 相田 文三 氏 (株式会社虎屋 京都管理部文化事業課課長) パネリスト

東京都生まれ。2005年東京都立大学大学院人文科学研究科修士課程修了。同年株式会社虎屋入社。菓子資料室虎屋文庫勤務を経て2017年2月より現職。著作に「徳川将軍家の鏡餅贈答に関する一考察ー尾張徳川家の事例を中心に―」(『和菓子』21号、虎屋、2014年)など。

◇ 井口 和起 氏 (福知山公立大学学長 京都学・歴彩館顧問 京都府立大学名誉教授) コーディネーター

京都府生まれ。1963年京都大学文学部卒業。京都大学人文科学研究所助手を経て京都府立大学文学部教授。同大学学長、旧京都府立総合資料館館長を歴任。著書に『日露戦争ー世界史から見た「坂の途上」』『日本帝国主義の形成と東アジア』『日露戦争の時代』『朝鮮・中国と帝国日本』など。

3. 参考資料

チラシ(PDF:406KB)

4. 実施報告

実施報告(PDF:120KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?