ホーム > 教育・文化 > 文化・スポーツ > 京都府立京都学・歴彩館 Kyoto Institute, Library and Archives > 国際京都学シンポジウム 京(みやこ)の武士と町衆ー洛中洛外図の時代― 開催のお知らせ

ここから本文です。

国際京都学シンポジウム 京(みやこ)の武士と町衆ー洛中洛外図の時代― 開催のお知らせ

歴彩館一部オープニング記念事業のひとつとして、洛中・洛外図に描かれた、室町期(戦国期含む)の京都の都市の様相から、京都の文化について、海外の研究者も交えて講演及びディスカッションを行います。

1.京(みやこ)の武士と町衆ー洛中洛外図の時代ー  <終了しました>

日時:平成29年3月19日(日曜日)13時から16時<開場12時>

会場:京都府立京都学・歴彩館 大ホール(市営地下鉄烏丸線北山駅より南へ徒歩約4分)

定員:400名(参加費無料 事前申込制)

申込期間:2月1日(水曜日)~3月6日(月曜日)→ 受付は終了しました。

申込方法:電話・はがき(当日必着)・FAX・メールにて

申込受付:京都府府民総合案内・相談センター 電話075-411-5000 Fax:075-411-5001      E-mail:411-5000@pref.kyoto.lg.jp

※返信(参加証)はがきは送付いたしません。直接会場へお越しください。

※定員を超えたお申込みがあった場合のみご返信いたします。

※土・日は休館日(一部オープン期間中)ですが、参加の方のみ入館いただけます。

会場についてのお問い合わせ:京都学・歴彩館 電話075-723-4831

主催:京都府

2.登壇者プロフィール

マシュー・スタブロス MatthewStavros氏 オーストラリアシドニー大学准教授(講演、パネリスト)

stavors先生米国生まれ、ミシガン州立大学を卒業後、日本国外務省に勤務。外務省を退職後、京都大学大学院工学研究科を経てプリンストン大学博士課程修了。中世日本都市史が専門。史学博士。2005年より、豪シドニー大学の日本学研究科・アジア研究科准教授。また、東京大学史料編纂所の客員研究員(2009)、京都大学人間・環境学科の客員准教授として勤めた。著書Kyoto:AnUrbanHistoryofJapan’sPremodernCapital(2014,UniversityofHawai‘iPress).

 

川嶋 將生 氏 立命館大学 名誉教授(講演、パネリスト)

川嶋先生1942年生まれ。京都市史編さん所、聖母女学院短期大学などを経て、立命館大学文学部教授。日本文化史が主な研究対象。著書『中世京都文化の周縁』(思文閣出版)・『上杉本洛中洛外図屏風を見る』(共著、河出書房新社)・『「洛中洛外」の社会史』(思文閣出版)・『室町文化論考―文化史のなかの公武―』(法政大学出版局)・『祇園祭―祝祭の京都―』(吉川弘文館)ほか

 

山田 邦和 氏 同志社女子大学現代社会学部 教授(コーディネーター)

山田先生1959年生まれ。専門は考古学。考古学をメインとしながら文献史学、歴史地理学などを総合した京都都市史の再構成をめざしている。主な著書に、『京都都市史の研究』(吉川弘文館)、『日本中世の首都と王権都市』(文理閣)、共著に『歴史家の案内する京都』(文理閣)、『室町政権の首府構想と京都―室町・北山・東山―』(文理閣)など。

 

三枝 暁子 氏 東京大学大学院人文社会系研究科 准教授(パネリスト)

三枝先生1973年生まれ。専門は日本中世史。主に京都の寺社史料を素材として、寺院社会および都市社会の構造について分析をすすめている。主な著書に『比叡山と室町幕府―寺社と武家の京都支配―』(東京大学出版会)、『京都天神をまつる人びと―ずいきみこしと西之京―』(岩波書店)、共著に『京都の歴史を歩く』(岩波新書)など。

 

3.関連資料

チラシ(PDF:619KB)

4. 開催報告

開催報告(PDF:113KB)

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?