ここから本文です。

「京都の出版社に聞く」開催報告(第2回)

京都府立京都学・歴彩館では、今年度、京都の出版社の方に、自社のことや刊行している出版物のこと、ご自身の日々の仕事内容等についてご講演いただく、「京都の出版社に聞く」を開催しています。第2回目として、白川書院の方をお招きして開催しました。

  • 日時
    平成30年6月22日(金)18:30~20:00
  • 場所
    京都府立京都学・歴彩館2階 京都資料総合閲覧室 一般閲覧席
  • 参加者数
    30名
  • 内容
    (1)講演 白川書院 編集顧問 山岡祐子氏
    今年の3月号で800号を迎えた雑誌『月刊京都』は、「京都を慕い、京都を愛する方々への雑誌」という創刊当時からの編集方針を軸に、編集長ごとの独自性を出していること、回読性が高く、保存される雑誌であるという特徴などを話していただきました。
    また、今年で30回を迎える「祇園祭特集」や編集長時代に思い入れのある特集・書籍について、エピソードを交えながら語られました。
    雑誌業界の厳しい現状についても踏まえながら、地元の観光メディアとして、今後のことを見据えたお話もしてくださいました。

    (2)展示資料自由閲覧
    『月刊京都』の創刊号・節目の号や、編集長時代の思い入れのある号を展示しました。
    また、図書においては、京都や祇園祭などに関する資料、編集担当をされた資料を展示し、参加者に閲覧いただきました。
  • 参加者の声
    「編集者の情熱や、月刊京都の目指していくところ等を知ることができた」「語ってくださった言葉の中に、百年先につながる芯があるように思いました」「月刊京都への思い入れを伺い、より関心が深まりました」「お仕事内容を丁寧に話していただき、具体的に想像することができ、大変さややりがいを深く理解できました」と好評を博しました。

講演の様子

出版者に聞く(2回)その1  出版者に聞く(2回)その2

展示資料閲覧の様子

出版者に聞く(2回)その3

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?