ここから本文です。

「京都の出版社に聞く」開催報告(第8回)

京都府立京都学・歴彩館では、今年度、京都の出版社の方に、自社のことや刊行している出版物のこと、ご自身の日々の仕事内容等についてご講演いただく、「京都の出版社に聞く」を開催しています。第8回目として、法藏館の方をお招きして開催しましたので、下記のとおり報告します。

  • 日時
    平成31年3月22日(金曜)18時30分~20時00分
  • 場所
    京都府立京都学・歴彩館1階 小ホール
  • 参加者数
    34名
  • 内容
    (1)講演 法藏館 統括(編集長兼務)戸城三千代氏
    法藏館は、本家西村九郎右衛門(丁子屋)の創業から数えて400年になり、真宗などの仏教書を中心に、主に学術専門書を出版しています。嘉永3年(1850)に10代九郎右衛門の三男西村七兵衛が独立し、明治18年頃に法藏館という名前になりました。
    法藏館には現在も板木蔵(ぐら)があり、1万点ほどが保管されています。江戸時代は、板木=版権で、道具でもあり権利でもありました。明治時代になると板木=版権のシステムが消滅していき、京都の版元の大半が廃業し、残った出版社は専門書に特化して出版するようになりました。
    法藏館の出版の特徴は、売り上げの約7割がお寺や門徒、研究者などへの直販で、お客様の顔が見える出版をしていることです。編集、営業の出版業務に加え、小売りの法蔵館書店もあり、12,000点の仏教書を取り揃えています。法蔵館書店では、法藏館以外の出版図書に加え、一般には流通していない、お寺の発行した本なども置いています。
    現在、本の出版は、博士論文の発表など研究者本人や先生の紹介も多いですが、編集者が年間30~40ほどの学会等に行き、編集者から声をかけることもあります。研究という形のないものを形にしていくのが編集者の仕事です。また、10年単位で編集出版しているシリーズも多くあります。
    学術書は専門性の高さこそが売りであり、学会が活気づくなど、文化を支えるものです。学知を社会に還元する媒体が出版社であると考えています。
  • 当日の様子
    『近世出版の板木研究』『仏教書出版三六〇年』『仏教学辞典 新版』などの当館所蔵資料のほか、法藏館様が持参された、今年1~3月に発行された本を展示しました。
    また、板木や関連する和綴じ本も持参してくださり、参加者が興味深く閲覧されていました。
     
講演の様子
出版社に聞く第8回1  出版社に聞く第8回2
 展示資料閲覧の様子
出版社に聞く第8回3

 

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?