ここから本文です。

京都府立京都学・歴彩館展示 「新収蔵品展」の開催

 京都府では、京都の文化に資するため美術・工芸品をはじめとする京都に関する資料を広く収集・保存しています。資料はテーマに添って順次ご紹介しておりますが、今回は平成25年度から30年度にかけて収集された資料のうち各分野の初めて公開する約40点の資料をご披露します。

 ご紹介する資料は日本画の山崎隆夫鳥頭、洋画の中村 、染織の澁谷和子 坂井朝倉美津子 、陶芸の木村など京都で活躍の美術、工芸作家たち(物故を含む)の作品をはじめ、分野も多彩な貴重な資料が目白押しです。今回、一堂に展示することで改めて京都文化の幅の広さ、奥の深さを実感していただければ幸いです。

1会期

令和2年5月25日(月曜)〜7月5日(日曜)

【開室時間】

9時~17時

【休館日】

第2水曜日

 

2開催場所

京都学・歴彩館1階展示室(京都市左京区下鴨半木町1-29)

 

3入場料

無料

 

4主な展示品

山崎隆夫《沼宴》(2008年)、鳥頭尾精《樹の景・1994》(1994年)、

中村善種《余呉湖》(1970〜80年代)、

澁谷和子《すみれ》(1965年)、坂井修《友禅訪問着「みぎわ」》(1988年)、

朝倉美津子《Continuum and Difference》(1994年)、木村盛伸《茄子釉大鉢》(2011年)、

三代三木表《深山漆絵箱》(2001年)など

 

5関連事業

ギャラリートーク 令和2年6月25日(木曜)

14時30分より30分程度

お問い合わせ

文化スポーツ部文化政策室 京都学・歴彩館

京都市左京区下鴨半木町1-29

ファックス:075-791-9466

rekisaikan-kikaku@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?