ここから本文です。

チャレンジ・バイ認定企業(商品)株式会社青木光悦堂

チャレンジ・バイとは、京都府内中小企業様の優れた新商品・サービスを認定・公表・PRし、府庁での率先購入枠の設定その他販売促進を強力に支援する制度です(認定対象商品:販売開始してから5年以内の新商品であって、独自性等を有するもの)

チャレンジ・バイ認定企業(認定商品)一覧

企業名

株式会社青木光悦堂(外部リンク)

事業内容

お菓子の企画開発、菓子卸売業

新商品の名称

はなすなっく

認定日

令和5年12月14日

新製品の概要

 本商品は、PC・スマホが苦手な高齢者や家にいて買い物に行けない高齢者でも簡単にお菓子を注文できる音声機能付きWeb受注システムです。

【商品の特徴】

・専用機器、設定が不要

 音声機能付きWeb受注システム事業においては、Google社の「Googleホーム」やAmazon社の「アレクサ」などがあります。これらは、専用の集音機器とその設定が必須ですが本サービスは、ASTEMの開発により機器・アプリに頼らずデバイス不問で利用できます。サイトに登録するだけで、初期費用・利用料はかかりません。

 ※ASTEMの調査によると、Webブラウザの音声認識を用いた音声制御によ るショッピングサイトは日本初である。

・誤注文を事前に防げる

 最終の購入決裁者を第三者(ご家族等)にすることで認知症の方などが大量購入や繰り返し購入などをしてしまうような誤発注を防止します。前回の購入履歴もあるため、簡単に前回買ったものを同じように購入できます。

 また、高齢者の一人暮らしにおいては、安否が心配されるところですが、注文履歴があれば安否の確認にもなり、ご家族も安心できます。

・お菓子を食べる→健康につながる

 噛む力がなくても食べやすいおかきなど、高齢者が食べやすく人気である当社のお菓子を簡単に購入できることによって、咀嚼機会の創出にもつながり、健康増進につながります。

サイト画面お菓子の画像

お問い合わせ

商工労働観光部ものづくり振興課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4842

monozukuri@pref.kyoto.lg.jp