トップページ > 暮らし・環境・人権 > 産業廃棄物について > 廃棄物処理における新型コロナウイルスの感染症対策について

ここから本文です。

廃棄物処理における新型コロナウイルスの感染症対策について

皆様への御願い

廃棄物処理における新型コロナウイルスの感染症対策の実施等について、環境省より「廃棄物に関する新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン(外部リンク)」が発出されました。本ガイドラインは、新型コロナウイルスの感染が拡大している状況下において、排出時の感染防止策、適正な処理のために講ずべき対策、処理体制の維持のためにとるべき措置等について取りまとめたものとなります。関係者の皆様におかれましては、本ガイドラインに基づき、安全かつ適正に廃棄物を処理をしていただきますようお願いいたします。

1 排出事業者の方へ

感染性産業廃棄物を排出する医療関係機関等におかれましては、本ガイドラインに従い、感染性産業廃棄物の保管及び排出時に感染防止のための措置等(容器に密閉、感染性廃棄物である旨の表示等)を講じてください(詳しくは環境省作成チラシをご確認ください)。

また、医療関係機関等以外から排出される廃棄物(マスク等)についても、本ガイドラインに従い、感染防止のため、ゴミ袋に入れ封をして排出する等の方法を講じてください(詳しくは環境省作成チラシをご確認ください)。

2 (特別管理)産業廃棄物処理業者の方へ

新型コロナウイルス感染症以外の感染性産業廃棄物についても遅延なく処理が継続され、医療機関等の業務の妨げとならぬよう、正当な理由なく、新型コロナウイルス感染症に係る廃棄物とその他の感染性廃棄物の分別や特別な表示を求めることは行わないようにしてください。

各種関連リンク

お問い合わせ

府民環境部循環型社会推進課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4710

junkan@pref.kyoto.lg.jp