ここから本文です。

宿泊者名簿への記載等について

旅館業法第6条、旅館業法施行規則第4条の2及び京都府旅館業の適切な実施の確保等に関する条例施行規則第6条により、宿泊者名簿には宿泊される方の

  • 氏名
  • 住所
  • 職業
  • 年齢
  • 到着年月日及び出発年月日
  • 前宿泊地及び行先地

を記載することとなっております。感染症が発生、又は感染症患者が旅館等に宿泊した場合に、その感染経路を調査すること等が目的です。

日本国内に住所を持たない外国人の方について

旅館・ホテルにおける感染経路調査を確実にするため、また国内外におけるテロ事案による利用者の安全確保のため、日本国内に住所を持たない外国人の方については、上記の項目に加え

  • 国籍
  • 旅券番号

を記載することとなっております。なお、宿泊者名簿の記載の正確さを期するため、旅館営業者の方は、該当される方へ旅券の呈示を求めるとともに、旅券の写しを宿泊者名簿とともに保存していただくようお願いします。旅券の写しがある場合には、これを宿泊者名簿の氏名、国籍及び旅券番号の記載に代えることができます。

関係資料等

旅券の呈示に理解を求める掲示例(日本語、英語、韓国語及び中国語による記載)

厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000130600_00001.html(外部リンク)

お問い合わせ

健康福祉部生活衛生課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4780

seikatsu@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?