ここから本文です。

第4回京都府営水道事業経営審議会の議事要旨

1 開催日時

平成28年1月26日(火曜日)午後6時00分~午後7時20分

2 場所

京都ガーデンパレス 葵の間

3 出席者

【委員】

山田(淳)会長、西垣副会長、池淵委員、石井委員、尾形委員、佐藤(陽)委員、竹谷委員、田野委員、中小路委員、能勢委員、前窪委員、松岡委員、村井委員、村田委員、山本委員

【事務局】

山下副知事、環境部長、公営企業管理監、環境部理事(建設整備課長事務取扱)、府営水道事務所長、公営企画課長 ほか

【受水市町】

府営水道関係市町担当部課長等

【傍聴者】

1名

4 開催結果の概要

(1) 会長に山田淳委員、副会長に西垣泰幸委員を選出した。

(2) 事務局から、前回答申後の、以下の取組状況を報告するとともに、その一環として作成した「京都府営水道経営レポート(※)」について説明し了承された。

  • 供給料金の改定
  • 建設負担水量調整の検討
  • 施設の老朽化対策及び耐震化の進捗状況

※「京都府営水道経営レポート」とは
府営水道ビジョン(H25.3)で示された取組方策を着実に推進するとともに、審議会の答申(H26.11)で示された課題に対応するため、現状分析や今後5年間の収支計画等を取りまとめるもの。将来を見据えた安定した経営に繋げる。

5 主な意見

<経営レポート関係>

  • 経営状況や収支計画を取りまとめ公表することは、大変重要。
  • レポートでは、繰越欠損金が増大する中、今後は資金残高が減少していくことが示されており、将来を見据えてしっかり経営を考えていく時期が来ている。
  • 経営上の課題について、多くの方々にしっかり理解してもらえるよう努めてもらいたい。

<建設負担水量の調整関係>

  • 建設負担水量の調整に当たっては、先の国勢調査での人口増の結果や、学研都市の開発状況等も踏まえ、十分検討してもらいたい。

<その他>

  • 3つの浄水場が接続され、より安心で安定した給水が行われていること等、府営水の良さを、堂々とアピールしてもらいたい。

添付ファイル

6 問い合わせ先

環境部公営企画課 TEL 075-414-5481

お問い合わせ

府民環境部公営企画課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-5470

koei@pref.kyoto.lg.jp