ホーム > 府政情報 > 附属機関及び懇談会等の会議の公開について > 京都府青少年健全育成審議会(営業対策部会)の議事要旨

ここから本文です。

京都府青少年健全育成審議会(営業対策部会)の議事要旨

1 開催日時

平成平成16年10月1日(金曜日)  午後2時30分から4時00分まで

2 場所

京都府公館「第5会議室」 京都市上京区烏丸通一条下ル龍前町590-1

3 出席者

【委員】
初宿正典委員、瀬川晃委員、北村和生委員、木村英男委員、篠原實委員、北村素子委員、頓宮薫委員、西脇悦子委員、西村佳子委員、石神美智子委員、貴田稔委員、長谷川隆一委員、岡田輝雄委員、木島早苗委員、奥野義正委員、山本一雅委員、柴田重德委員(計17名)
※3名の委員については代理出席
奥野委員の代理:高熊教育企画監
山本委員の代理:谷川府警本部少年課長
柴田委員の代理:芝田京都市勤労福祉青少年課長

【事務局】 花木青少年課長ほか関係職員

4 議題

議事

(1)  青少年健全育成条例の改正について

(2)  有害図書類の指定について

(3)  有害図書・ビデオの緊急指定状況の報告について

報告

(1)  少年非行等の状況について

(2)  平成16年度「「青少年の健全な育成に関する条例」に基づく一斉立入調査結果等について

その他

  • 青少年すこやか支援フォーラムの開催について

5 審議内容(結果及び主な意見)

(1)青少年健全育成条例の改正について、改正の背景やねらいについて説明し、具体的な改正項目について審議を行った。なお、各項目に係る規定方法等について、数点要望等はあったが、改正の方向性や具体的内容については合意された。

(2)第152回有害図書類の指定(案)について、異議なく承認された。

(3)第149~151回有害図書類の緊急指定について、異議なく承認された。

主な意見

青少年健全育成条例の改正について

  • 「犯罪・自殺」に係る図書類の有害指定要件の規定方法について、「表現の自由」や「明確性の原理」など、憲法や法令の基本原理に照らした慎重な規定づくりが望まれる。
  • 図書類等自動販売機等の設置に係る規定については、罰則を入れるなどもっと厳しい規定にすべきではないか。
  • 青少年を取り巻く社会環境の浄化について、ボランティアとの協働を進めるという方向性は、大変望ましい。

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(青少年担当)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

健康福祉部家庭支援課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kateishien@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?