トップページ > 暮らし・環境・人権 > 京都府(歴史的)自然環境保全地域 > 岩戸山京都府歴史的自然環境保全地域

ここから本文です。

岩戸山京都府歴史的自然環境保全地域

所在地:福知山市大江町仏性寺日浦ヶ嶽

大江山は古くからの難所で、千丈ヶ嶽(833メートル)を主峰とする連峰の総称です。特に鬼伝説の山として名高く、周辺には鬼伝説やその他神話にまつわる遺跡が残され、厚い雲海の中に沈む山容には神秘的な趣が今なお漂っています。

この大江山連峰の東南に位置する岩戸山は、これら歴史的遺産とともに経た時の流れの中で優れた天然林を育んできました。なかでも岩戸山東斜面の植生は、群落組成上特に優れた状態を保持した極相林となっており、イナモリソウ、ヨコグラノキ等の貴重な植物が自生し、専門家にも注目されている地域です。

岩戸山を含む元伊勢三社(皇大神社、豊受大神社、天岩戸神社)は京都の自然200選にも選ばれています。

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp