トップページ > 暮らし・環境・人権 > 京都府(歴史的)自然環境保全地域 > 権現山京都府歴史的自然環境保全地域

ここから本文です。

権現山京都府歴史的自然環境保全地域

所在地:京丹後市峰山町大字吉原小字権現山

権現山は古くは山祗山(やまずみやま)と呼ばれ農耕の神としてあがめられていました。14世紀末頃には、吉原山城が築かれ、信仰対象として蔵王権現が祭られました。その後、焼失しましたが、蔵王権現は本丸跡に再興され、今は金峰(かねみね)神社奥宮(おくみや)に受け継がれています。

この山は、これらの歴史的背景の中で育まれ、自然が保持されてきました。
二の丸跡からは日本海が望め、町民の憩いの森として、また、手軽なハイキングコースとして親しまれています。

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp