ここから本文です。

京都丹波高原国定公園の区域拡大について

京都丹波高原国定公園の区域が拡大しました

京都丹波高原国定公園(外部リンク)は、京都府中央部に位置し、京都市、綾部市、南丹市及び京丹波町にまたがる丹波高原の広大な区域で、スギやブナなどの原生的な自然林及びそれに隣接する比較的自然性の高い二次林により形成される森林生態系、希少かつ多様な魚類を育む河川生態系等の多様な生態系を風景型式として、これらと一体となった文化的景観と相まって、雄大で美しい景観を有することから平成28年3月に国定公園に指定されました。

令和2年3月31日、生態系の連続性や希少種の生息状況を踏まえ、国定公園として一体的に保全・利用していくために、能見谷国有林や大悲山国有など(307ha)の京都市左京区の一部が公園区域に拡大されましたので、お知らせいたします。

国定公園内での各種行為(工作物の新築・増築・改築、木竹の伐採、土地の形状変更等)については、自然公園法に基づく知事の許可または事前の届出が必要な場合があります。ご不明点がございましたら、必ず行為の前に、管轄地域の土木事務所にお問い合わせください。

 

(土木事務所等)

京都土木事務所(075-701-0124)(管轄地域:京都市右京区、左京区)

南丹土木事務所(0771-62-0320)(管轄地域:南丹市、京丹波町)

中丹東土木事務所(0773-42-8764)(管轄地域:綾部市)

 

zumen

お問い合わせ

府民環境部自然環境保全課

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4705

shizen-kankyo@pref.kyoto.lg.jp