ホーム > 健康・福祉・人権 > 子ども・青少年 > 仕事と育児の両立体験プログラム

ここから本文です。

仕事と育児の両立体験プログラム

京都府では、若い世代の方に、仕事だけではなく、結婚や家庭、子育て等を含めたトータルの人生設計(ライフデザイン)を具体的にイメージしていただき、「京都で働きながら子どもを生み育てる」ことを体験的に学ぶ「仕事と育児の両立体験プログラム」を実施しています。

2020_ryoritsu-image

仕事と育児の両立体験プログラムの紹介

京都府で仕事と子育てを両立している家庭のリアルを体験したり、仕事についてヒアリングをする「両立体験ワーク」を実施します。10年後のなりたい姿をイメージし、就職活動にも活かせる新しい形のプログラムで、長期・短期、2つのプログラムから選べます。

令和2年度プログラムの紹介動画

仕事と育児の両立体験プログラムとは?(紹介用スライドを動画形式にしています。)

なお、令和2年度のプログラムについては、新型コロナウイルス感染症の状況により、変更になる可能性がありますので、あらかじめご了承ください。

平成29年度「仕事と育児の両立体験事業」動画

3分でわかる!「仕事と育児の両立体験」 (参加学生の声を中心に事業を紹介しています)

3分でわかる!仕事と育児の両立体験 

完全版「仕事と育児の両立体験」(20分)(企業や受入家庭の声も含め、事業全体を紹介しています)

完全版「仕事と育児の両立体験事業」

仕事と育児の両立体験プログラム リーフレット

仕事と育児の両立体験シンポジウム

令和元年6月28日(金曜)に仕事と育児の両立体験シンポジウムを開催しました

平成30年11月9日(金曜)に仕事と育児の両立体験シンポジウムを開催しました

両立体験プログラム実施企業など

仕事と育児の両立体験プログラムは企業の皆様にも関心を持っていただいています

学生の皆様へ

両立体験プログラムとは、「仕事と子育ての両立」を体験し、10年後のなりたい姿を考えた上で、目の前の就職活動に活かしていくプログラムです。

今年度はオンラインにより実施します。

短期プログラム

WEBエントリー時に希望日を選んでください。研修&両立体験ワークの定員は各日15名。定員になり次第締め切ります。申込締め切りは、各日1週間前です

  • 8月3日(月曜日)、5日(水曜日)、7日(金曜日)、11日(火曜日)、18日(火曜日)、24日(月曜日)、26日(水曜日)、28日(金曜日)、31日(月曜日)
  • 9月4日(金曜日)、7日(月曜日)、9日(水曜日)、11日(金曜日)、15日(火曜日)

長期プログラム

両立体験ワークを実施し振り返る中で、両立する上での社会課題に向けたアイデアプレゼンテーションを行う充実したプログラムです。

定員20名。定員になり次第締め切ります。 

事前研修、両立体験ワーク

8月1日(土曜日)、2日(日曜日)

両日とも10時00分から16時00分(1時間程度の休憩等含みます)

事後研修、両立体験ワーク

8月8日(土曜日) 13時00分から15時30分

8月19日(水曜日) 13時00分から15時00分

最終プレゼンテーション

9月5日(土曜日)

チラシ(学生向け)

チラシ(PDF:6,849KB)

応募のスケジュール

応募スケジュール

エントリー方法:エントリー期限内に以下のWebフォームから応募

対象:京都府内に在住、又は府内の大学・大学院・短期大学に在籍している学生

条件:すべてのプログラムに参加できること

Webフォーム(外部リンク)

qr_cord

実施内容・応募にあたっての問い合わせ先

京都府仕事と育児の両立体験プログラム 事業受託者:スリール株式会社

〒600-8103

京都市下京区五条通堺町角塩釜町363 株式会社ウエダ本社北ビル3F utena works 株式会社内

メール:kansai@sourire-heart.com

電話:075-708-6965

企業の皆様へ

仕事と育児の両立体験プログラムは、仕事も育児なども両立しながら活躍する人材が増えていくことを目指し、京都府が力を入れている事業です。両立のリアルを体験することで学生自身がキャリアについて本質的に理解することへつなげます。長期的な視点を持った人材を育成することを目的のひとつとしています。

仕事と育児の両立体験プログラムに貴社も参加しませんか?

以下のような取り組みやすい形から始めていただくことが可能です。相談も承りますので、ぜひプログラムにご参加ください。

(例)

  • 貴社が実施されるインターンシップに参加された学生へ本プログラムを案内し、参加を働きかけ
  • 子育て中の社員が学生へ両立体験談を話す機会を提供
  • 子育て家庭へ本プログラムの情報提供、協力が可能かどうかの打診

ぜひご相談ください。

チラシ

2020_kigyo-chirashi1 

チラシ(PDF:1,650KB)

実施内容等の相談にあたっての問い合わせ先

京都府仕事と育児の両立体験プログラム 事業受託者:スリール株式会社

〒600-8103

京都市下京区五条通堺町角塩釜町363 株式会社ウエダ本社北ビル3F utena works 株式会社内

メール:kansai@sourire-heart.com

電話:075-708-6965

これまでにプログラムを実施された企業・団体

  • 株式会社ウエダ本社
  • 京都外国語大学
  • 京都府庁
  • 株式会社ShinSei
  • ノートルダム女学院高等学校
  • 株式会社堀場製作所
  • 都タクシー株式会社
  • 株式会社ロマンライフ

仕事と育児の両立体験プログラムは企業の皆様にも関心を持っていただいています

学生を受け入れていただくご家庭の皆様へ
(今年度は新型コロナウイルス感染症防止の観点から、ご家庭への訪問は実施しません)

仕事と育児の両立体験プログラムの子育てインターンについては、小学校3年生以下のお子さんがおられる京都府在住、在勤の共働き家庭にご協力をお願いしたいと思っています。

学生は「ワーク&ライフ」を考える研修を事前に受講した上で体験を実施してもらいます。

チラシ(家庭向け)

 

チラシ(PDF:5,328KB)

受入家庭の声

本プログラムの学生を受け入れてくださった株式会社ウエダ本社 中尾 由香さんの記事を掲載しております。

受け入れ家庭の声受け入れ家庭の声(JPG:322KB)

実施内容等にあたっての問い合わせ先

協力をご検討いただける場合は以下へご連絡ください。

 

京都府仕事と育児の両立体験プログラム 事業受託者:スリール株式会社

〒600-8103

京都市下京区五条通堺町角塩釜町363 株式会社ウエダ本社北ビル3F utena works 株式会社内

メール:kansai@sourire-heart.com

電話:075-708-6965

Adobe Readerのダウンロードページへ

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe Readerが必要です。Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先から無料ダウンロードしてください。

お問い合わせ

健康福祉部こども・青少年総合対策室(子育て環境推進係)

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-414-4586

kodomo@pref.kyoto.lg.jp

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?