ここから本文です。

環境

 バイオマスストーブについて

提案

環境の観点から、住宅街でバイオマスストーブの使用を控えるべきではないか。呼吸器疾患との関係や、近隣トラブル誘発の観点から、木質バイオマスストーブ利用を行政が推進することの妥当性を府主導で検証してほしい。「排出される成分および排出量」「呼吸器へ影響がない根拠」を公式サイトに掲載してほしい。

回答

京都府では、2015年7月に制定した再生可能エネルギーの導入等の促進に関する条例に基づき、再生可能エネルギーの導入を促進することとしており、2020年度までに再生可能エネルギーの導入量を2014年度時点から倍増させる目標(2014年度11億kWh→2020年度21億kWh)を設定し、国や市町とも連携し、導入促進に向けた様々な施策を実施しているところです。
 ご意見いただきました木質バイオマスについても、森林の生長とバランスのとれた有効利用をすることにより、持続可能な資源であるとされているところから、京都府としても利用促進をしているところです、ご意見のとおり、木質バイオマスストーブは、不完全燃焼時の排ガスなどには有害な成分が多く含まれていることから、良好な燃焼状態を保つことが重要です。そのため、適切な焼却方式、施工方法(位置、長さ等)、薪の選定等を行うよう、京都再エネコンシェルジュ※等を通じて府民に呼びかけています。
※ 家庭での太陽光発電、太陽熱利用設備や薪・ペレットストーブ等の再生可能エネルギーの導入に関する府民の相談に対応するとともに積極的に適切な設備導入の提案を行う方として京都府知事の認証を受けた方。
 今後は、府ホームページ等も活用し、より多くの方にご認識いただけるよう注意喚起に努めてまいります。

 今後とも、京都府では、周辺環境に配慮され地域社会と共生した適切な再エネ設備の導入促進により、地球温暖化対策の推進に努めてまいりたいと考えています。

(詳しくは)エネルギー政策課

令和2年3月31日

 

スーパーなどのレジ袋を禁止する法律を制定してほしい

京都府 高校生

提案

京都は京都議定書が採択されたことをきっかけに、環境問題に対して全国的にも先駆的な取り組みを実施しているので、府内のコンビニやスーパーのレジ袋を禁止する法律を制定してほしい。

回答

ご指摘いただいたとおり、レジ袋の削減は、環境負荷を低減し、循環型社会の構築に資する取組であり、提案者様が、積極的に環境問題改善に取り組んでくださっていることに感謝いたします。
これまで京都府内では、京都市が一定規模以上のスーパーなどの事業者、市民団体などとレジ袋有料化の協定を結び取り組む方式を採用し、他の府内市町村では、マイバッグ持参運動やレジ袋辞退時のポイント付与などによるレジ袋削減へのインセンティブを高める事業者の取組という2方式でレジ袋削減を推進してきたところです。
このような取組の成果として、府内の市町村での調査によると、お客さんのマイバッグ持参割合は平均で3分の1程度から2分の1程度へと増えており、多いところでは3分の2ものお客さんがマイバッグを使用しているとの効果も現れているところであり、着実にレジ袋の削減が進んでいるところです。
また、一律にレジ袋の使用を禁止することは、消費者にとっては利便性が損なわれるという声があることや、そうした声を受け、売り上げへの影響を強く心配される小売業者もあるのも事実であります。
こうした現状も踏まえまして、京都府では、条例によりレジ袋の使用を禁止するのではなく、府民の皆様・事業者・行政等が協働して、前述いたしましたマイバック運動やポイント付与などをより積極的に展開していくことにより、レジ袋の削減を実現し、循環型社会の形成を推進していきたいと考えております。
そのため、「京都府循環型社会形成計画(第2期)」という資源の消費を抑制し、環境への負荷ができる限り低減された循環型社会を実現していく方策をとりまとめた計画において、「レジ袋有料化、マイバッグ運動等の展開によるレジ袋の削減」を掲げ、市町村等と協力しレジ袋有料化の導入を促すとともに、府民に対してマイバッグ常時携帯の啓発を行っております。具体的には、ごみ減量・リサイクル推進週間(環境月間)に啓発活動を行うほか、京都環境フェスティバルで参加団体がマイバッグを配布するなど、レジ袋削減につながる啓発を進めています。
さらに、関西8府県4政令市で構成する関西広域連合においても、マイバック持参啓発事業として、啓発動画のコンテストを行い、広く皆さんから作品を募集し、優秀な作品をユーチューブにアップし、広報しています。
今後もレジ袋の削減が一層進むよう、他府県・市町村、事業者、消費者等と連携して取り組んでまいりますので、ご協力等よろしくお願いいたします。


(詳しくは)循環型社会推進課
平成30年7月12日

 

お問い合わせ

府民環境部府民総合案内・相談センター

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町

ファックス:075-411-5001

huminsougouannai@pref.kyoto.lg.jp