トップページ > 暮らし・環境・人権 > 京都府の地球温暖化対策 > 京阪神 地球温暖化防止共同メッセージ

ここから本文です。

京阪神 地球温暖化防止共同メッセージ

 かけがえのない地球と人類の未来を守るための世界の取り決めであり、未来のこどもたちへの約束である京都議定書が発効してから、この2月16日でちょうど2年を迎えます。

 先に発表された「気候変動に関する政府間パネル」(IPCC)の報告書では、世界各地で頻発する異常気象は、地球温暖化による影響であることが指摘され、その原因が人間活動により排出される温室効果ガスの増加にあることがほぼ断定されました。

 また、京阪神地域では、都市の温暖化ともいうべきヒートアイランド現象による深刻な影響も生じており、地球温暖化の防止は、まさに「待ったなし」の状況となっています。

 こうした地球からのシグナルを真摯に受けとめ、地球温暖化の防止というかつて経験したことのない大きな挑戦に向け、社会を構成するすべての人々が、自らの問題として認識し、これまでの生活様式や事業活動など、社会経済システムのあり方を根本から見直すとともに、具体的な行動を積み重ねていくことが重要です。

 本年は、来年から始まる京都議定書の第一約束期間に向けた最後の準備の年に当たります。私たち京阪神7府県市は、京都議定書の発効2周年を迎えるにあたり、地球規模での環境問題の解決に向けて、地域社会から行動を起こし、地域から日本へ、日本から世界へ、府県市域の壁を越えた広域的な連携と協働を一層推進し、地球温暖化対策及びヒートアイランド対策に全力を挙げて取り組んでいきます。

 また、すべての府県市民の皆様に、地球温暖化防止のための意識の変革と具体的な行動への参加と協力を改めて強く訴えます。

平成19年2月16日

京阪神七府県市地球温暖化対策推進会議

京都府
大阪府
兵庫県
京都市
大阪市
堺市
神戸市

お問い合わせ

府民環境部脱炭素社会推進課

京都市上京区下立売通新町西入藪ノ内町

ファックス:075-414-4705

datsutanso@pref.kyoto.lg.jp